エプロンのクリーニング代の料金相場を比較!かかる日数、制服の返却マナーの方法を解説!

夏休みや冬休みの長期休みや学校の卒業や新生活が始まるタイミングにアルバイトを辞める方も多いのではないのでしょうか?

 

その時に

 

「制服はクリーニングに出して返してください。」

 

と言われる方もいると思います。

 

そんな時に

「え?クリーニングなんて中々利用しないし、相場も分からない!」

「円満にエプロンや制服を返却する方法ってどうすれば良いの?」

と考える方もいるでしょう。

 

特に飲食店で働いている方にとっては長年使い続けたTシャツやエプロンを返却する時にクリーニングに出すとどのくらいの料金がかかるのか、日数はどのくらいなのか気になるところでしょう。

 

そういったこともあり、気まずくならない関係で辞めるために制服の返却方法のマナーを気にする方が多いと思います。

 

 

今回は制服やエプロンのクリーニング代の料金、かかる日数や返却方法のマナーについて解説していきます。

 

エプロンのクリーニング代の相場はどのくらい?

まず気になるのがエプロンの相場ですよね。

 

有名なクリーニング店のエプロンの相場料金について調べてみました。

 

カーニバルクリーニング 400円
ホワイト急便 350円
白洋舎 500円~600円程度
ノムラクリーニング 495円~
ピュアクリーニング 550円

となります。

 

大体エプロンをクリーニングした時にかかる料金の相場はチェーン店で約350円~600円くらいということが分かりました。

 

決して高くない金額だとは思いますが、仕上がりやエプロンのクリーニングにかかる日数によってそれぞれのクリーニング店の特色があります。

 

では実際にエプロンをクリーニングに出した時にかかる日数について調べていきましょう。

 

エプロンをクリーニングに出した時にかかる日数は?

エプロンをクリーニングに出した時にかかる日数は約2日~4日となります。

 

「じゃあ早速、今からエプロンや制服のクリーニングをしてこよ~!」と早速行こうとしているあなた。

 

焦ってはいけません。

 

エプロンや制服のクリーニングの仕上がりが良く、きれいに返却できるように、クリーニング店に出す時の注意点を見てからクリーニング店に行きましょう。

 

エプロンをクリーニングに出す時の注意点は?

エプロンをクリーニングに出す時の注意点はこちらです。

 

・ポケットの中身を確認する

・シミの箇所があればオプションで染み抜きをしてもらう

・破損していないかをチェックする

 

ポケットの中身をチェックする

 

まずはエプロンをクリーニングに出す前にしっかりとポケットの中身が何も入っていないのかチェックをしましょう。

 

例えばティッシュペーパーや紙くずがポケットに入ったままクリーニングに出してしまうと一緒に洗われてしまう可能性もあり、返ってきたときにはポケットの中身がカスだらけになるということもあります。

 

またボールペンなどがポケットに入っていると悲惨なことになります。

 

シミがついてしまう可能性もあり、最悪の場合、クリーニングに出すよりも悪い状態で返ってくることもあるので必ずポケットの中身はチェックしておきましょう。

 

シミの箇所を確認してひどい場合はオプションサービス等で対応する

 

自分でまずはどこにシミや汚れがついているのかしっかりと把握しておくことが必要です。

 

そしてクリーニングに出す時に的確に伝えればしっかりとクリーニング店は染み抜きや汚れをきれいにしてくれます。

 

なので「なぜその汚れが付いたのか」というのを把握しておき、申告しておきましょう。

 

破損していないのか事前にチェックしておく

 

エプロンの素材によっては破れやすいものなどもあります。

 

なので事前にエプロンが破れていないのかしっかりとチェックしておき、もし敗れていたのであれば補修をお願いするようにしましょう。

 

これらの染み抜きや補修を無料でやってくれる所もあるのでコストを抑えたいのであれば染み抜きや補修を無料でやっているクリーニング店を選びましょう。

 

制服やエプロンを返却する時は自分で洗濯する方が良い?クリーニングに出した方が良い?

「しっかりとクリーニングに出してから返却してください!」

と言われたのであればクリーニングに出さなければいけませんが、

「制服やエプロンは返却だけしてください。」

と言われた時は洗濯した方が良いのか、クリーニングに出した方が良いのか悩みますよね。

 

本来であればしっかりとクリーニングに出して返却するというのがマナーですが自分で洗濯して返却してよいという職場もあると思います。

では何も指示されなくてあいまいな場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

自分でエプロンや制服を選択して返却する場合は?

 

自分で洗濯して返却して良い場合もしっかりとエプロンや制服がどのようにして洗濯すれば良い素材なのかタグをチェックしましょう。

 

「手洗い」マークがあればネットに入れて、制服を洗濯機で回せばOKですし、特殊な素材でなければ普段着を洗濯するようにすればOKです。

 

ただし、色移りには気を付けないと最悪の場合、弁償しなければいけない可能性もあります。

 

なので安全なのはやはりクリーニング店にしっかりと洗濯してもらうことですね。

 

クリーニング店で洗濯されればタグもついているのでしっかりとクリーニング店で洗濯したということも分かります。

 

そういえば

「タグやビニールってそのままにしたまま返却しても大丈夫なのでしょうか?」

 

返却時にクリーニングのタグやビニールはついたまま返却してもOK

 

制服やエプロンを返却する時にクリーニング店に出した場合はビニール袋やタグなどがついたまま返却しても大丈夫です。

 

自宅で洋服を保管する場合は必ずビニール袋をとって保管しなければいけませんが、アルバイト先であればそのまま返却してもOKです。

 

アルバイトの制服やエプロンの返却期限はいつまでが良い?

 

「アルバイトを辞めたけれど部活が忙しくて中々、制服やエプロンを返しに行くことが出来ない!」という学生さんや家事や育児などが忙しい主婦さんなどもいるでしょう。

 

例えばバイトを辞めてから2週間、1ヶ月経ってしまい、制服を返すのが気まずい方も中にはいらっしゃると思います。

 

ですが2週間でも1ヶ月遅くなってしまってもしっかりと制服は返すようにしましょう。

 

確かに罪にはならないですし、職場はそんな些細なことで問題を起こそうとは思和ないと思いますが、礼儀やマナーとして制服を返却するのは常識です。

 

もし少し遅れてしまった場合は

メモ
「遅れてしまいましたが制服をお返しします。今までありがとうございました。」

と伝えた方が清々しいですし、自分的にも罪悪感としてとらえないでしょう。

 

こういった積み重ねが社会人として出世していくためにも必ず生きてきますし、人間的にも成長することができます。

 

なので制服を返すのが遅れてしまってもしっかりと時間を作って制服を返すようにしましょう。

 

クリーニングに出すのが忙しいなら宅配クリーニングがおすすめ

忙しい方の中には「クリーニングに出しに行く時間をどうしてもとることが出来ない!」という方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

そういった方は自宅から一歩も出ずに宅配クリーニングを使って解決しましょう。

 

しかもバイト先を受取場所にすれば勝手に宅配クリーニングがアルバイト先に制服やエプロンを届けてくれます。

 

制服を返却するのが気まずい方でもこれで一発で解決します。

 

おすすめの宅配クリーニングの口コミ

 

 

宅配クリーニングなら染み抜きや補修が無料のリネットがおすすめです。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。