NO IMAGE

ジーンズ色落ちを防ぐなら洗濯とクリーニングならどっち?料金や手間など比較してみた!

お気に入りのジーンズが汚れてしまったり、縮んでしまったらショックですよね。

 

ジーンズはデニム素材がほとんどなのでとても丈夫なのですが洗濯をすると色移りをしてしまったり、さらに生地が傷ついてしまい、縮んでしまう可能性だって出てきます。

 

なのでジーンズを洗濯するときは裏返して色落ちしないようにすると言われていますが、実際にジーンズの色落ちを落とすなら洗濯とクリーニングならどちらが良いのでしょうか?

 

今回はジーンズを色落ちするなら洗濯とクリーニングとどちらが良いのか料金や手間などを考えてどうすれば良いのか紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・ジーンズを洗濯すると色落ちしてしまう。

・クリーニングに出すと色落ちは直るのか、どのような仕上がりになってくるのか知りたい。

・クリーニングのお金を節約したいので正しい洗濯方法を知りたい。

上記のような悩みを持っている方はクリーニングに出せば良いのか、自分で洗濯すれば良いのか、そしてどのようにして洗濯していけば良いのか分かります。

 

是非参考にしてみてください。

 

ジーンズは洗わなくて良いのは本当?

ジーンズはデニム素材なのであまり洗濯をする頻度が高いと

「色落ちしてしまった~!」

「生地が傷んで縮んでしまった ~!」

などのトラブルに合っている人は意外と沢山います。

 

でもそんなこと言っても「洗濯しないと臭いも残るし、履き心地も悪いよな~」と思いますよね。

 

私も最初はジーンズは洗濯をしていけないと言われていたので洗濯をしていなかったのですがどうしても臭いや汗のベタベタなどから不快な思いをしますよね。

 

なので本当はジーンズも洗濯に掛けた方が良いのです。

 

しっかりとしたポイントを押さえればジーンズを洗ったときに色落ちや生地が縮んでしまう心配もありません。

 

・他の衣類と洗濯をするのを避ける。

・裏返して洗濯ネットに入れて選択する

・洗濯する頻度を下げる

このように心がければ色落ちも少なく、ジーンズも長持ちします。

 

ジーンズの洗濯頻度はどのくらい?

では実際にジーンズの洗濯頻度はどのくらいなのでしょうか?

 

推奨されているのは1ヶ月に1回のペースで洗濯する事です。

 

その時にあまり同じジーンズを何回も使いまわしてはかない事、必ず休ませてあげる日を作ることが大事になってきます。

 

ではなぜジーンズは色落ちしてしまうのでしょうか?

 

ジーンズの色落ちの原因

他の衣類はあまり色落ちしないのにどうしてジーンズだけこんなにも色落ちしてしまうのか不思議に思っている人も沢山いるでしょう。

 

ジーンズが色落ちしてしまう理由はジーンズの生地であるデニム生地の染め方と染料である藍というインディゴが原因です。

 

インディゴ染めは綿糸を染料液に浸透させて取り出して絞り出し、空気中で酸化してから発色します。

 

1度だけだと薄いのでこの工程を何度もして深い青藍色が綿糸に定着していくのですが繊維への粘着力が弱いのですぐに色落ちしてしまうのです。

 

ではどのようにしていけばジーンズは色落ちせずに長持ちするのでしょうか?

 

色落ちしにくいジーンズの洗い方をレクチャー

ここからは色落ちしにくいジーンズの洗い方についてレクチャーしていきます。

 

・大きめの洗濯桶

・中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)

ではどのようにして色落ちせずにジーンズも縮まずに洗っていくのでしょうか?

 

洗濯桶の水に中性洗剤を入れる

まずは洗濯桶の水の中に中性洗剤を入れて軽くかき混ぜます。

 

分量としては5リットルの水に10ccの中性洗剤を入れていきます。

 

この時に気を付けなければいけないポイントはお湯ではなくて水を使う事です。

 

注意点

お湯を使ってしまうと生地が傷んで縮みやすくなってしまうので必ず水を浸かって手洗いをしていきます。

 

ジーンズを中性洗剤を溶かした水につけて10分おく

水と中性洗剤が入っている洗剤水にジーンズを浸して10分間放置します。

 

ジーンズを10分間浸しておく理由は汚れを洗剤水につけて浮かすためです。

 

これによって優しくジーンズの汚れや臭いを取っていきます。

 

時間が経つと水が黒く濁っているのが分かります。

 

水をかえてすすぐ

ある程度汚れを浮かすことが出来たら水を変えてジーンズの洗剤をすすいでいきます。

 

おしゃれ着洗剤なのですぐに泡は取れると思うので泡がなくなるまですすいでいきましょう。

 

脱水する

泡が出なくなるまですすぎ洗いが完了したら次は脱水していきます。

 

洗濯機で脱水すると熱でジーンズが縮んでしまうのでまずは1分だけ脱水して水気を取り、その後は自然乾燥していきます。

 

ハンガーで干す

太陽光が直射してしまう所で干してしまうとジーンズの色が変わってしまうのでハンガーに陰干してジーンズを乾かしていきます。

 

こうすることによってジーンズの色落ちは防げて長持ちしていくのでおすすめです。

 

これまでは手洗いでジーンズを洗う方法を紹介してきましたが中々、時間を確保するのが難しい方もいるでしょう。

 

なので次はジーンズを洗濯機で洗っても色落ちを防ぎ、長持ちさせる方法を紹介していきます。

 

ジーンズを洗濯機で洗う方法は?

確かにジーンズはあまり洗濯をすると色落ちや縮んでしまいます。

 

ですが肌に触れているだけあって汚れが溜まってしまいます。

 

そんな時は正しい洗濯方法を身に着けてジーンズを色落ちなく洗濯していきましょう。

 

ジーンズの正しい洗濯方法

ステップ1 ジーンズを洗濯機に入れる前に洗剤を投入する


ステップ2 ジーンズは裏返してから洗濯機に入れる


ステップ3 ドライコースを活用して洗濯時間を短くする


では1つずつ順番に紹介していきます。

 

ジーンズを洗濯機に入れる前に洗剤を投入する

まずジーンズをそのまま洗濯機に入れて洗剤を入れてしまうと洗剤力によってはその時点で色落ちしてしまいます。

 

なのでまずは洗濯機に水を張って初めに洗剤を入れて洗剤水を作っておきます。

 

そしてここでの注意点としては漂白剤や蛍光剤が入ったものは生地が傷めやすくなってしまうので色落ちする原因となってしまいます。

 

注意しましょう。

 

ジーンズは裏返してから洗濯機に入れる

洗剤水を作った後はジーンズを裏返して軽く折りたたんでから洗濯機内に入れましょう。

 

よくジーンズを洗濯する時は裏返した方が良い言われていますがどうしてかあなたはご存知ですか?

 

ジーンズを裏返すことによって表面生地がこすれるのを防ぐので生地が傷みにくく長持ちするからです。

 

もしダメージジーンズを持っている方は糸などがほつれてしまう可能性もあるので洗濯ネットに入れることをおすすめします。

 

ドライコースを活用して洗濯時間を短くする

そして洗濯機のドライコースを使って記事や縮みを抑えましょう。

 

さらに洗濯時間もカスタマイズして洗濯1分、すすぎ1回、脱水1分に設定します。

 

洗濯を回せば回すほどやはり生地がこすれてしまうのと色落ちの原因になってしまうので極力洗濯機は回さないように配慮しましょう。

 

あとは手洗いの時と同じで軽く乾燥させてから陰干しで自然乾燥していきます。

 

じゃあジーンズは自分の家で洗濯すれば大丈夫ね♪

 

と思っている方はちょっと待ってください。

 

ジーンズは洗濯機だけではなく定期的にクリーニングにも出しておきましょう。

 

ジーンズを宅配クリーニングに出すメリットは?

自分で洗濯するのが億劫な方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

そんな時にはジーンズは宅配クリーニングに任せましょう。

 

ジーンズを宅配クリーニングに任せるメリットとしては以下の事が挙げられます。

 

・プロが洗うので生地が傷みにくく、縮まない

・色移りもしにくい

・型崩れや色落ちもしにくい

このようなメリットがあります。

 

では早速、1つずつメリットを見ていきましょう。

 

プロが洗うので生地が傷みにくく、縮まない

まずはジーンズを宅配クリーニングに任せるとプロが洗ってくれますので生地の素材に合わせて最適な方法で洗ってくれます。

 

なので品質もある程度は保たれますし、家で洗ったときに失敗して色落ちしてしまうリスクもかなり少ないです。

 

型崩れや色落ちがしない

またプロの業者にジーンズのクリーニングを依頼することによって色移りや色落ち、型崩れもしにくくなります。

 

どうしても家で洗ってしまい、長年洗濯機で洗っていると昔のようなシルエットを出すことが出来ずにダボダボのジーンズになってしまいます。

 

ですが宅配クリーニングにお願いすることによって型崩れはもちろん、パッチワークなどの装飾品やデザインの破れなどもしにくくなります。

 

色移りもしない

また個別洗濯してくれる業者であれば他の衣類に色移りすることもありません。

 

クリーニングでよくあるのがジーンズと一緒にTシャツを洗濯機にかけてしまい、色が移ってしまったというのが非常に多いです。

 

ですが宅配クリーニングでは最適な方法で洗ってくれるので色移りの心配もありません。

 

ではジーンズの宅配クリーニングの相場料金はどのくらいなのでしょうか?

 

ジーンズのクリーニング料金の相場は?

ジーンズのクリーニング料金は店舗型と宅配クリーニングで変わってきますが大体500円~800円がクリーニング料金の相場となっています。

 

では有名な店舗がどのくらいの料金でジーンズのクリーニングをしてくれるのか見ていきましょう。

 

ジーンズの単品料金のクリーニング料金

クリーニング業者名 料金 日数
リネット 660円 1日
ネクシー 660円 6日
ホワイト急便 780円 5日
白洋舎 670円 5日

となっています。

 

宅配クリーニングだとリネットの方が圧倒的に日数も短く、料金も安くておすすめですね。

 

ではパック料金である宅配クリーニング業者の場合だとどうなのでしょうか?

 

パック料金のクリーニング料金

クリーニング業者名 料金(1点) 日数
せんたく便 698円 5営業日
リナビス 940円 5営業日
プラスキューブ 1300円 7日
ピュアクリーニングプレミアム 1000円 7営業日
キレイナ 2800円 10日

となっています。

 

せんたく便は料金が安いのでファミリー層にはおすすめですね。

 

そしてリナビスは無料でシミ取りなども丁寧にしてくれるので質を求めるのであればリナビスがおすすめです。

 

ジーンズのクリーニング頻度

ではジーンズのクリーニングする頻度はどのくらいなのでしょうか?

 

ジーンズは洗濯するのと同じでクリーニングに出すのも1ヶ月に1回、3ヶ月に1回がおすすめです。

 

あまり頻度多く、宅配クリーニングを利用してしまっても色落ちの原因になってしまいます。

 

なので長持ちしたいのであれば1ヶ月に1回、3ヶ月に1回など頻度を抑えるようにしましょう。

 

ジーンズにカビが生えてしまった場合の落とし方

タンスにしまっていたジーンズをはいてみると

 

黒い斑点がある。なんだろう?・・・カビが生えてる!!

 

と言うように黒い斑点がポツポツと付いている事ってありませんか?

 

私も最初は知らなかったのですが実はこれはカビなんですね。

 

ではジーンズにカビが生えてしまったらもう使えないのでしょうか?

 

何かジーンズのカビを落とす方法があるのでしょうか?

 

もしジーンズにカビが生えてしまっても心配いりません。

 

・歯ブラシでカビの部分をこすって落とす

・中性洗剤をタオルにつけてカビの所を水拭きする

・重曹水に浸す

・酸素系漂白剤で付け置きで落とす

等の方法があります。

 

なのでもしカビが生えてしまってもそれぞれ適した方法でカビを落とすようにしましょう。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめ
・ジーンズは色落ちしやすいので頻度を抑えて洗濯する 
・ジーンズの洗濯が苦手な人は宅配クリーニングを使う。
・カビが生えてしまっても対処する方法はいくらでもある

いかがでしたでしょうか?

 

今回はジーンズの正しい洗濯方法やクリーニング方法について紹介してきました。

 

実はジーンズも洗濯してよく、生地を傷つけないように洗濯すれば見違えるほどきれいになります。

 

もし洗濯をするのが厳しいのであれば宅配クリーニングに任せてしまえば手間も時間も節約してキレイになって戻ってきます。

 

なのでお気に入りのジーンズは定期的にはクリーニングに出して新品のような状態を維持すれば長持ちするのでぜひ検討している人は実践して見てくださいね。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。