【素材別】じゅうたんやカーペットのクリーニング料金を比較!相場や頻度、日数も紹介!

「お気に入りのじゅうたんやカーペットに食べこぼしや飲み物をこぼして汚してしまった!」

 

そしてシミになった時に考えるのがクリーニングでしょう。

 

小さなカーペットやじゅうたんで洗濯OKのものであれば自宅で洗うことが出来ますが、中々クリーニングに出す手間や時間も必要です。

 

出来れば安く抑えたいですしね。

 

ですがそのまま汚れたまま長期間放置し続けると悪臭や雑菌の繁殖の原因となってしまいます。

 

なのでできればクリーニングに出す方が良いんですね。

 

ではじゅうたんやカーペットの相場ってどのくらいの金額なのでしょうか?

 

今回はじゅうたんやカーペットの料金相場や頻度、日数や安くてお勧めの業者について紹介してきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・シミや食べこぼしで安くクリーニングを済ませたい!・クリーニングとコインランドリーだとどっちが良いの?

・高級なものをクリーニングに出すならどのくらいの金額でどこがおすすめなのか知りたい!

 

ぜひ自宅のじゅうたんやカーペットが汚れていて何か対処しなければいけない状態なのであればぜひ参考にしてみてください。

 

目次

じゅうたんやカーペット素材の特徴

 

まずじゅうたんやカーペットにはウール素材やナイロン素材など様々です。

 

自宅のじゅうたんやカーペットは何の素材でできているのかクリーニングに出す前に確認しておきましょう。

 

ウール素材の特徴

ウール素材は羊毛でできており、天然素材で呼吸する繊維と言われています。

 

なぜかウール素材だと保温性や染色性、吸音性、難燃性、クッション性、撥水性があり、汚れにくい機能があります。

 

ただし天然素材なので虫やカビに侵されやすいのが特徴なので定期的なメンテナンスが必要です。

 

アクリル素材の特徴

アクリル素材の特徴は弾力性と保湿性が高いことです。

 

そして耐光性にも備えているので素材で色あせがしにくいのが特徴的です。

 

また吸湿性が低いので汚れの吸着もしにくく、お手入れが楽ですが、抜け毛が出やすくなります。

 

ナイロン素材の特徴

ナイロン素材の特徴は耐水性が高く、水に強くカビや害虫などを受け付けないメリットがあります。

 

ナイロン素材のカーペットは基本的に業務用として幅広く利用されています。

 

ポリプロピレン素材の特徴

ポリプロピレン素材の特徴は繊維の中でもとても軽量で水に浮く繊維として知られています。

 

ポリプロピレンは安価に大量に生産することが出来るので、最近ではナイロン素材よりもポリプロピレン素材が主流となっています。

 

ポリエステル素材の特徴

ポリエステル素材はコスパも良く、カーペットに限らず洋服やラグなどに一番使われている繊維です。

 

特徴的なのがシワなどに強く、染色性も高いので様々なカラーバリエーションなのが特徴です。

 

また洗濯も可能であり、様々な場所で使うことが出来るのが特徴です。

 

このようにじゅうたんやカーペットには様々な種類の素材があるのでまずクリーニングや洗濯、コインランドリーに出す前に自宅のカーペットやじゅうたんは洗濯できるのかどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

じゅうたんやカーペットの洗濯やクリーニング頻度は?

 

では実際にじゅうたんやカーペットの洗濯やクリーニングの頻度はどのくらいがベストなのでしょうか?

 

カーペットやじゅうたんはそれほど汚れていなければクリーニングに出す必要はありません。

 

ですが最低でも週に1回は掃除機をつかったお手入れをしておくようにしてカビやダニの繁殖を防ぐようにしましょう。

 

食べ物や飲み物で汚れてしまったら

ではもし食べこぼしやコーヒーや牛乳などをこぼしてしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

特に小さなお子さんがいる場合はよくありがちですよね。

 

そういった場合は自宅で洗濯できるかどうかをタグの洗濯表示で確認してカーペットの細部が大きくて厳しい場合はコインランドリーに任せましょう。

 

そしてもし洗濯が厳しいのであればクリーニングに頼むことをお勧めします。

 

最低でも年に1回はクリーニングにだす

特に梅雨の時期や夏場の湿度の高い時期は汚れが付いたままにしているとダニの環境に適している状態になってしまいます。

 

また冬でもダニは増殖しやすく定期的なメンテナンスにプラスして最低でも年に1回は必ずクリーニングに出すようにしましょう。

 

特に小さなお子さんがいる場合はクリーニングに出さないことで喘息などを起こす可能性もあるので気を付けてください。

 

 

 

じゅうたんやカーペットの料金相場はどのくらい?

 

ではじゅうたんやカーペットの料金相場はどのくらいなのでしょうか?

 

じゅうたんやカーペットは素材によってピンキリになってきます。

 

私も一度クリーニング店にもっていって想像以上に高い金額でしたのでそのようなトラブルがないようにしっかりと料金相場はチェックしておくことをお勧めします。

 

一般的なじゅうたんやカーペットの場合

一般的なじゅうたんやカーペットのクリーニング料金の相場はこのようになっています。

 

一般的な絨毯やカーペットの料金相場

2帖タイプ以下 2100円
2帖から3帖 3400円
3帖以上 5700円

3帖以上だと結構な金額がしますね。

 

では高級じゅうたんやカーペットの場合はどうなのでしょうか?

 

高級なじゅうたんやカーペットの場合

高級なじゅうたんやカーペットの料金相場はこのようになっています。

 

一般的な絨毯やカーペットの料金相場

1帖あたり 3500円

 

つけた方が良いオプション

またじゅうたんやカーペットをクリーニングに出す時には防ダニ加工を付けることをお勧めします。

 

購入時に防ダニや抗菌加工がされいてるじゅうたんやカーペットが増えていますが、この加工も長く使っていると取れてしまいます。

 

なので汚れが目立ってクリーニングに出すのであれば防ダニ加工をしてもらうようにすればダニの防止にもなり、特に小さなお子さんでも安心してじゅうたんの上で遊ぶことが出来ます。

 

防ダニ加工のオプション料金相場は1㎡500円なのもしクリーニングに出すならぜひやってみることをお勧めします。

 

コインランドリーとクリーニングはどちらがおすすめ

 

「でもでもクリーニングに出すよりもコインランドリーの方が安上がりなんじゃないの?」

と気にする方は沢山いると思います。

 

私も今では宅配クリーニングでカーペットをクリーニングに出していますが、宅配クリーニングを知るまでは「どれだけ安く、手間なく洗濯できるか?」ということを考えていました。

 

では実際にコインランドリーのメリットとデメリット、クリーニングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

洗い方 メリット デメリット
コインランドリー ・じゅうたんの洗いあがりが早い

・短時間でじゅうたんが乾く

・料金がかかる

・洗濯表示が全て✖のじゅうたんは出来ない

・じゅうたんを運ぶのに手間がかかる

店舗型のクリーニング ・汚れをしっかりと落とせる

・自宅で洗えないじゅうたんをクリーニングできる

・素材の風合いを損なわずに仕上がりが美しい

・近所にないと使いづらい

・自分でじゅうたんを運ぶ手間がかかる

・料金がかかる

というのがあります。

 

このようにクリーニングとコインランドリーのメリットを紹介しましたが両方とも手間と時間、そして何よりも大変というのが本当にストレスだったんですね。

 

「せっかくの休日の半分はクリーニングで消えてなくなる。」

というのを考えるだけで嫌でした。

 

そんな時に宅配クリーニングの存在を知ったんです。

 

じゅうたんやカーペットのクリーニングなら宅配クリーニングがおすすめ

 

宅配クリーニングであれば自宅に居ながらじゅうたんをクリーニングに出すことが出来ます。

 

特徴としては家から一歩も出ることなく好きな時間に宅配クリーニング業者に集荷に来てもらえ、準備が簡単です。

 

 

 

そして宅配クリーニング業者にじゅうたんやカーペットのクリーニングを任せて戻ってきたら自宅で受け取るだけです。

 

空いた時間を利用して手軽に時間をかけることなくクリーニングすることが出来ます。

 

じゅうたんやカーペットを宅配クリーニングに申し込む手順

ではどのようにしてじゅうたんやカーペットを宅配クリーニングに出せば良いのでしょうか?

 

じゅうたんやカーペットを宅配クリーニングに申し込む手順

ステップ1

宅配クリーニング業者を選んで申し込む

インターネットから簡単に申し込みが出来てフォームを記入するだけで宅配業者から宅配キットが届きます。


ステップ2

じゅうたんやカーペットを発送する

宅配キットが家に届いたらカーペットやじゅうたんを入れて宅配便で配送します。


ステップ3

メールで見積料金を確認する

カーペットやじゅうたんがクリーニング工場に届くと料金がメールや電話で知らせてくれます。

確認したら料金を支払いましょう。


ステップ4

相談した内容でクリーニングしてもらえます。

ステップ5

自宅で受け取る

宅配便で仕上がったカーペットやじゅうたんを受け取ります。

では実際にじゅうたんやカーペットのおすすめの宅配クリーニング業者はどこなのでしょうか?

 

じゅうたんやカーペットのおすすめの宅配クリーニング業者3選

 

宅配クリーニングの魅力は持ち運びが大変なじゅうたんやカーペットを自宅に居ながらクリーニングにだせることです。

 

ですがネットで全て簡潔なので実際にどこの業者がおすすめなのかわからないですよね。

 

そういった場合は

・価格

・品質

・スピード

この3種類で判断するようにしましょう。

 

それではじゅうたんやカーペットのおすすめの宅配クリーニング業者を紹介していきます。

 

白洋舎

白洋舎は日本で初めてドライクリーニングを導入したクリーニング業者です。

 

長い歴史と技術で仕上がりにこだわったクリーニングをしてくれます。

 

白洋舎のおすすめポイント

また白洋舎のおすすめなポイントはじゅうたんやカーペットをクリーニングに出した時に1つ1つの工程を丁寧に行ってくれることです。

 

また保管場所に困った場合も保管サービスを利用することが出来ます。

 

白洋舎の価格や支払い方法

白洋舎の価格や支払い方法

集荷-配達エリア 全国
送料 1本あたり5500円ほど
料金設定 その都度見積り
仕上がり期間 1ヶ月程度
長期保管サービス あり(別途料金必要)
しみ抜き あり
高級ブランド受付 あり
申込方法 公式サイトまたは電話で受け付け
支払方法 クレジットカード、銀行振込

となっています。

 

クリコム

次にお勧めなのがクリコムです。

 

クリコムは幅広いアイテムを扱っており、比較的にリーズナブルなかかくでじゅうたんやカーペットをクリーニングできるのが特徴です。

 

また初めての方でも宅配クリーニングの流れや梱包方法について細かく紹介されているので初心者でも安心して利用することが出来ます。

 

クリコムのおすすめポイント

クリコムのおすすめポイントとして丁寧にクリーニングしてくれるところがおすすめです。

 

世俺やシミのある部分は手作業でシミ抜きをしてもらうことが出来ます。

 

また絨毯専用の静止乾燥機でじっくりと乾燥してくれるのでじゅうたんの品質を維持しながらキレイな状態で仕上げてくれます

 

オプションとして防ダニ加工が用意されている所も特徴的で体に有害な薬品を使用しないでダニのみをしっかりと取り除いてくれます。

 

クリコムの価格や支払い方法

クリコムの価格や支払い方法はこのようになっています。

 

クリコムの価格や支払い方法

集荷-配達エリア 全国
送料 往復送料1500円ほど
料金設定 1畳あたり6000円~
仕上がり期間 1ヶ月以上
長期保管サービス あり
しみ抜き あり(無料)
高級ブランド受付 あり
申込方法 集荷依頼フォームからお申込み
支払方法 クレジットカード、代引き

となっています。

 

デア

デアはインテリアのクリーニングに力を入れている宅配クリーニングサービスです。

 

なのでじゅうたんやカーペットの素材によって価格やクリーニング方法を細かく分けており、それぞれに合わせたクリーニング方法でキレイに仕上げてくれます。

 

デアのおすすめポイント

デアをお勧めできるポイントは肌に優しい洗剤を使用しているので汚れや黄ばみを取り除き、ふさのついているじゅうたんや特殊な素材を使用しているじゅうたんはそれぞれに合わせた方法でクリーニングをしてもらえるので安心です。

 

さらにオプションサービスも充実しているので、防ダニ加工やじゅうたんの保管サービス、修理サービスなどが揃っています。

 

デアの価格や支払い方法

クリコムの価格や支払い方法はこのようになっています。

 

クリコムの価格や支払い方法

集荷-配達エリア 全国
送料 往復送料1500円ほど
料金設定 1畳あたり6000円~
仕上がり期間 1ヶ月以上
長期保管サービス あり
しみ抜き あり(無料)
高級ブランド受付 あり
申込方法 集荷依頼フォームからお申込み
支払方法 クレジットカード、代引き

となっています。

 

 じゅうたんやカーペットをクリーニングに出す前の注意点

 

ではじゅうたんやカーペットをクリーニングに出す時に注意する点とは何なのでしょうか?

 

じゅうたんやカーペットをクリーニングに出す前の注意点

・洗濯表示や品質表示のタグが付いているかどうか

・シミが出来ていないかチェックする

・ほつれや穴がないかチェックする

 

では早速見ていきましょう。

 

洗濯表示や品質表示のタグが付いているかどうか

まずは洗濯表示や品質表示のタグが付いているのかどうかをチェックしましょう。

 

このタグを確認することでじゅうたんやカーペットの洗い方が大きく異なってきます。

 

また素材によってはドライクリーニングなどの特殊な方法を洗濯しなければいけません

 

なのでクリーニングに出す前にしっかりと確認しておき、宅配クリーニング業者に伝えるようにしましょう。

 

シミが出来ていないかチェックする

2つ目のポイントはシミが出来ていないかチェックします。

 

じゅうたんやカーペットのどこにシミや汚れが出来ているのか隅々までチェックすることが大事になってきます。

 

店舗型のクリーニング店の場合はシミがある部分を直接伝えることが出来ますが、宅配クリーニングの場合はシミの場所を知っていれば指示カードに記入して宅配クリーニング業者に渡します

 

なので事前にどこにシミがついているのか知っておくことでしっかりと全く違う仕上がりになるので確認しておきましょう。

 

ほつれや穴がないかチェックする

最後にチェックしておきたいのがじゅうたんにほつれや穴がないかどうかです。

 

穴の空いている状態でクリーニングに出してしまうと穴を広げてしまう可能性があるので万が一、ホツレや穴が見つかった場合でもクリーニングに出す前に修繕しておくことをお勧めします。

 

ただ先ほど紹介したデオなどのクリーニング店によってはオプションとして穴やホツレなどの修繕サービスを行ってくれるのでそちらを利用するのもおすすめです。

 

じゅうたんやカーペットがクリーニングから返ってきてからの保管方法

 

ではじゅうたんやカーペットがクリーニングから返ってきてからの保管方法を見ていきましょう。

 

・梱包はすぐに開梱する

・防虫剤と乾燥材を使う

・クリーニングの保管サービスを利用する

 

となっています。

 

早速見ていきましょう。

 

梱包はすぐに開梱する

まずじゅうたんやカーペットがクリーニングから返ってきたらサイズによっては畳みもしくはロール状にしてビニールで保護されています。

 

なのでできるだけ早くビニールを外すことが大切になってきます。

 

 

クリーニング店では洗浄した後の乾燥は行われていますが、繊維の奥まで乾燥しきっている状態ではありません。

 

多少の湿気が残っています。

 

長期間コンプしている状態だと、臭いの原因やカビの原因となってしまいます。

 

すぐにカーペットやじゅうたんを使用しない場合でも一度ビニール袋から出して天日干しをするか、風通しの良い場所に1日か2日干しておくことをおすすめします。

 

防虫剤と乾燥材を使う

すぐにカーペットやじゅうたんを使わない時はビニールを外して完璧に乾燥させてから保管するようにしましょう。

 

また保管する時には防虫剤や乾燥剤を入れてカビやダニ予防はしっかりしておきましょう。

 

クリーニングの保管サービスを利用する

もし保管する場所がない場合は宅配クリーニングの保管サービスを利用することです。

 

季節の変わり目にじゅうたんを替えている場合は長期間使わなくなります。

 

なのでそうした場合は保管サービスを実施しているお店を使い、次のシーズンまで保管しておくようにしましょう。

 

掃除機を使ったカーペットやじゅうたんのお手入れ方法

 

では最後に掃除機を使ったカーペットやじゅうたんのお手入れ方法を見ていきましょう。

 

何となく毎日掃除機をかけている方も正しい掃除の方法を知れば間違いなく今以上にカーペットやじゅうたんが長持ちするのでぜひ実践してみてください。

 

時間がなくて忙しい方はこの基本の掃除機の掛け方に沿って掃除機をかけていきましょう。

 

最初に掃除機をかけたいカーペットの毛(パイル)がどの方向に流れているのか確認します。

 

掃除機をかける方向はまず最初に毛流れの反対方向からになります。

 

パイルはどこかしらの方向に寝てしまっている場合が多く、それを知らずに掃除機をかけてしまっても表面の誇りが取れるだけで繊維にくっついた汚れやごみ、ほこりを取ることが出来ません。

 

なので毛をしっかりと起こして根元に溜まったゴミやほこりを吸引できるのです。

 

メモ
【重要】もっと効果的に掃除機をかけるポイント掃除機をかけるスピードや掛け方はとても大切です。

 

力任せにカーペットに掃除機をかけても意味がありません。

 

大事なのはノズルの先全面をカーペットにピッタリとくっつけて掃除機を上げるとノズルにカーペットがくっついてくるような感じがおすすめです。

 

ハンドルを軽く握ってゆっくりと手前に引きます。

 

掃除機は押す時よりも引くときの方が吸引力が強いからです。

 

姿勢よく前傾姿勢になり過ぎずに腕を前方にまっすぐ伸ばして引き寄せる感じで掃除機をかけていきましょう。

 

スピードは70㎝~80㎝を約3秒で引きながら掛けると効率がとても良いです。

 

ゆっくり動かすことで掃除機からパイルの根元まで空気を入れることが出来るので、吸引できるゴミやほこりが多くなります。

 

掃除機をかけても中々ペットの毛や髪の毛などが取れない場合は粘着式クリーナーを使いましょう。

柄が長いものと短いものがあるので使う場所の広さや目的に応じて使い分けましょう。

 

掃除機と同じで一方向からだけではなくて反対からもコロコロするようにしましょう。

 

カーペット用と表示されている製品は粘着性が高いので凹凸のあるカーペットに適していますのでぜひ利用しましょう。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめ
・じゅうたんやカーペットのクリーニングは素材によってピンキリ
・高級なのであればじゅうたん専門の取り扱っているクリーニング店がおすすめ
・カーペットやじゅうたんを長持ちさせるために掃除機で定期的に掃除する

いかがでしたでしょうか?

 

小さなお子さんがいるとカーペットやじゅうたんが汚れてしまいますし、女性の独り暮らしの方であれば髪の毛やペットを飼っているのであればペットの毛などが落ちて掃除が大変ですよね。

 

そうした場合は年に1回でも良いのでクリーニングに出してダニやカビが生えないようにお気に入りのカーペットやじゅうたんを長持ちさせるのが良いでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてください。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。