水着は洗濯とクリーニングならどっち?縮まず型崩れしない方法を伝授!

夏といったら海ですよね!

 

海ではしゃぎすぎて水着が泥だらけになったり、シミが付いてしまう事もあるでしょう。

 

では水着って洗濯だけで済ませれば良いのでしょうか?

 

それともクリーニングに出した方が良いのでしょうか?

 

今回は水は洗濯とクリーニングならどちらに出すのがおすすめなのか、また女性でしたら水着が縮まずに型崩れしない洗濯方法について紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・水着は洗濯をした方が良いのか、クリーニングした方が良いのか悩んでいる

・洗濯機に入れて回すと縮んでしまったり、型崩れしてしまい、着れなくなるのが心配

・水着の正しい洗濯方法を知りたい。

上記のような悩みがある方はぜひ今回の記事を参考にして正しい洗濯の方法を知って、最高の夏を満喫してください。

 

水はクリーニングではなくて洗濯の方が良い?

水着はクリーニングを出そうと思っても取り扱っていない店舗や宅配クリーニングが沢山あります。

 

ではどうして水着はクリーニングに出すことが出来ないのでしょうか?

 

その原因は水着が薬品や強い力、熱に弱い生地の素材でできているからなんですね。

 

水着をクリーニングに出せないのは生地の素材

 

ほとんどの水着はポリウレタンやナイロン、ポリエステルで出来ています。

 

これらの素材は摩擦や熱、薬品にとても弱いのが特徴です。

 

ドライクリーニングをしてしまうと有機溶剤を使用するので、生地が傷んでしまう原因ともなってしまいます。

 

なのでほとんどのクリーニング店は水着を取り扱っていないんですね。

 

中には水着も取り扱っているクリーニング店もあるのでもしどうしてもクリーニングしたいのであれば水着を取り扱っているクリーニング店を探してみましょう。

 

水着は洗濯機はNG!正しい洗濯方法を紹介!

海から帰ってきて水着をタオルと一緒に洗濯機に入れたままあなたは放置していませんか?

 

洗濯機が溜まったら洗濯をするから。

 

と思っていてもこれでは水着やタオルにカビが生えてしまいます。

 

そして生地もヨレヨレになってしまい、すぐに使えなくなってしまいますよ。

 

実は水着を洗うには洗い方があります。

 

そのまま洗濯機で回してしまうと摩擦と熱によって水着の生地はすぐに傷んでしまったり、型崩れが起きてしまいますよ。

 

ではどのようにして洗濯をしてけば良いのでしょうか?

 

まず大前提として水着を洗濯する時は手洗いになります。

 

正しい洗濯方法

ステップ1 脱いだらすぐに水洗いをする


ステップ2 おしゃれ着用洗剤を使って洗う


ステップ3 手洗い方法をステップ式に解説


ステップ4 汚れやカルキのニオイが気になる場合は中性洗剤を使う


ステップ5 干すときは陰干しで色あせを防ぐ


 

となります。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

脱いだらすぐに水洗いをする

まず海水やプールなど水を含んだまま放置をしておくと色落ちしたりなど生地を傷める原因となりますし、カビが生えてしまう原因ともなります。

 

なので脱いだ水着は必ずすぐに水洗いをして持ち帰るようにしましょう。

 

その際に砂などが付いていると擦れてしまい、破れてしまう可能性もあるので砂などは全てしっかりと落としてから持ち帰るようにしましょう。

 

おしゃれ着用洗剤を使って洗う

家に帰ったらまずはおしゃれ洗剤を使って手洗いをしましょう。

 

おしゃれ洗剤を使う理由は色あせや縮みを防いで洗えるからです。

 

注意

ビキニなど上下が分かれている水着は別々に洗うと色の差が出ることもあるので必ずセットで洗うようにしましょう。

 

おしゃれ洗剤の市販で売っているもの

商品名 洗浄力 仕上がり 香り 価格
花王 エマール

本体価格:

235円

ライオン アクロン

本体価格:

224円

P&Gボールド

本体価格:

189円

ウエキドライニング

本体価格:

761円

エコベールデリケートウォッシュ

本体価格:

990円

ソネットナチュラルウォッシュリキッド

本体価格:

1711円

となっています。

 

おしゃれ着洗剤は洗浄力よりも衣類のダメージ予防や仕上がりに力を入れている商品が多いので水着の色落ちや型崩れもなく選択することが出来ておすすめです。

 

手洗い方法をステップ式に解説

ではどのようにして手洗いをしていくのでしょうか?

 

水着を正しく洗う手洗い方法

ステップ1 洗い桶に30度以下の水を張って、「オシャレ着洗剤」を入れる(水4lにつき10ml)


ステップ2 水着を入れたら優しく押し洗いをする。


ステップ3 水中で沈めたり、浮かせるのを20~30回繰り返す。


となっています。

 

汚れやカルキのニオイが気になる場合は中性洗剤を使う

 

もし汚れやカルキの匂いが気になる方は中性洗剤を使って手洗いをしましょう。

 

薄めの洗剤液を作って水着を浸し、優しく押し洗いをしていきます。

 

キレイになったら洗剤液を捨ててたっぷりの水で手早くすすいでいきます。

 

細かい装飾の中に洗剤が残ることが無いように全体をきちんとすすぐようにしましょう。

 

干すときは陰干しで色あせを防ぐ

よくすすいだら乾いたタオルで挟んで水気を取るようにしましょう。

 

使用済みのバスタオルなどで水分を取ってから乾いたタオルで挟みながら包むのがお勧めです。

 

また水着をねじって絞る方が中にはいらっしゃいますが水着をねじって絞ると伸びてしまったり、生地を傷める原因となるのでやめましょう。

 

ある程度水気を取ることが出来たらタオルから取り出して形を整えましょう。

 

干すときは型崩れをしないように気を付けて、伸縮性の強い水着はハンガーで干すようにしましょう。

 

また洗濯ばさみを使うと型がついてしまい、タオルなどをハンガーに巻いて滑り落ちないようにして干すようにしましょう。

 

以上が水着を手洗いするやり方になります。

 

時間がない人は注意点だけ理解して洗濯機にかけよう

 

でもそんな手洗いをする余裕なんて私にはないよ~。

という方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

そんな時はしっかりと注意点をおさえて洗濯機で回すようにしましょう。

 

・洗濯ネット

・中性洗剤orオシャレ着洗剤

 

裏返して洗濯ネットに入れる

まずは裏返して洗濯ネットに水着を入れて洗濯機の中に中性洗剤またはおしゃれ着洗剤を入れます。

 

そして水着がこすれて生地が傷んでしまう可能性もあるのでこの時に一緒に洗う洗濯物はなるべく入れないようにしましょう。

 

出来れば一緒に水着を他の衣類と洗わないのがベストです。

 

おしゃれ着コースを選ぶ

そして水着を洗うときは必ずおしゃれ着コースを選びましょう。

 

メーカによっては自分が使っている洗濯機のコースの名前が変わっているかもしれないので一度そのような名前のコースがあるのか探してみてください。

 

脱水する前に止める

洗うのはすすぎ洗いまでであり、脱水は行いません。

 

脱水を行うと洗濯の中で回っている間に水着の生地がこすれて傷んでしまうリスクがあるからです。

 

脱水する際はタオルドライがおすすめ

水着をどのようにして脱水するのかと思う方もいるかもしれませんが、水着はタオルドライという方法で脱水していきます。

 

タオルドライの方法

ステップ1 乾いたバスタオルに挟んで叩いて水気を取る。


ステップ2 水着がある程度まで乾くまで叩く


ステップ3 ある程度水気が取れたら陰干しをする。


 

ここで大事なのが直射日光の当たらない風通しの良い所で水着を干す事です。

 

ここがポイント
水着を干すときは裏返しをして干すようにする。

 

水着を裏返して干すことによって縫い目の重なり部分が直接乾くのでより早く乾かすことが出来ます。

 

ココに注意

水着は熱に弱いので乾かす時はドライヤーやエアコンを使うのはNG

 

では乾かした水着を型崩れなくキレイに収納する方法はどうすれば良いのでしょうか?

 

水着を収納する際の注意点

水着を収納する際の注意点としては2つあります。

 

水着を収納する際の注意点

1.型崩れしないように気を付ける

2.湿気対策をしっかりと行う

では1つずつ水着を収納する際の注意点を見ていきましょう。

 

型崩れしないように気を付ける

まずはかたくずれしないように気を付けながら収納数r事です。

 

特に女性の水着はパットの位置がずれただけですぐに型崩れをしてしまうので、胸部分の膨らみを潰さないように注意して収納するようにしましょう。

 

また付属のパッドも型崩れを防止するために別でまとめて型崩れに注意してたたんでおきましょう。

 

湿気対策をしっかりと行う

2つ目の注意点は湿気対策をしっかりととることです。

 

水着はオフシーズンは長時間使わなくなることが多いのでカビに注意することが大事になってきます。

 

湿気対策としてタンスなどの上の段の方に入れておくと湿気が少ないので対策できますのでもし空いているスペースがある方は上の段の方に水着は収納しておきましょう。

 

まとめ

今回の記事のまとめ
・水着はクリーニングよりも洗濯するのがおすすめ
・水着を洗濯する基本は手洗いが大事
・どうしても厳しかったら洗濯機を利用しよう。

いかがでしたでしょうか?

 

今回は水着はどうしてクリーニングに出すことが出来ずに洗濯しか出来ないのか、正しい洗濯方法などについてご説明してきました。

 

どうしても海やプールから帰ってくると疲れてしまい、水着を洗濯機に放置してしまいがちになりますが、色落ちやニオイ、カビの原因ともなってしまうのでしっかりとまずは水洗いをして洗剤を使って手洗いをし、乾かすようにしましょう。

 

最初は「めんどくさい。」、「手間がかかる」と思っていても、習慣にしていけば当たり前になりますので水着を長持ちするためにも使い終わった後のメンテナンスやケアをしっかりとしましょう。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。