ニットやセーターが縮まない洗濯方法!縮む原因や元通りにする方法も紹介!

ニットやセーターって生地の素材が繊細なので洗濯機にかけると

「縮んでしまった!」

「糸がほつれて生地がボロボロになってしまった。」

「毛玉が沢山ついている。」

などのトラブルがあるので中々、洗濯機をかけれませんよね。

 

かといってクリーニングに出すのもお金がかかるし、頻繁にクリーニングには出せないと思います。

 

ですが実はニットやセーターは正しい方法で洗濯をすれば、縮まずにキレイに汚れも取ることが出来ます。

 

ですが洗濯の方法を間違えてしまうと毛玉が発生したり、縮んでしまうトラブルになってしまうので注意が必要です。

 

なので今回はニットやセーターが縮まない洗濯方法や縮む原因、直し方について紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・ニットが縮んでしまうのが怖くて洗濯できない

・どうすればニットを長持ちすることが出来るのか知りたい。

・ニットが縮んでしまったのだが直し方を知りたい。

このような悩みを持っている方も沢山いるでしょう。

 

私もお気に入りのニットやセーターが縮んでしまった・・・。

という事は沢山ありますし、すぐにダメにしてしまったこともあります。

 

ですが長持ちする方法や正しい洗濯方法を知ってからはニットやセーターがすぐにダメにならなくなりましし、長持ちするのでコストも削減できます。

 

ぜひニットやセーターを洗濯に出そうか、クリーニングに出そうか悩んでいるのであれば参考にしてみてください。

 

ニットって洗濯で洗っても大丈夫?

「そもそも本当にニットやセーターって洗濯していいの?」

と思われる方も中にはいるでしょう。

 

ニットは洗濯してはだめ!クリーニングに出すべき!

と考えているかもしれませんが洗濯表示を見れば選択してはいけないものなのか洗濯しても良いニットなのか確認することが出来ます。

 

このマークで水洗いが出来るのかどうかによって変わってきます。

 

もちろん洗濯機で洗える、手洗いできるというマークがあれば洗濯や手洗いできるものですが水洗いできないものであればクリーニングに出さなければいけません。

 

ニットやセーターを洗濯機で傷めずに洗うにはコツがいる

ではニットやセーターを洗濯機で生地を傷めることなく優しく洗う方法というのはどのような方法でしょうか?

 

これは洗濯機の洗い方をドライコースや手洗いコース、おうちクリーニングなど優しく洗えるコースに変更する事です。

 

また脱水する時間も短くして、最低限の水気が切れれば自然乾燥するようにしましょう。

 

ではウール素材など手洗いが出来ないニットやセーターはどうすれば良いのでしょうか?

 

ウール素材のニットやセーターも洗えるの?

まずは先ほどお話したように洗濯表示を確認して洗濯機や手洗いで出来るのか確認します。

 

その時に手洗いであれば洗濯できるのであれば手洗いすれば良いですが、水洗い不可能のモノはクリーニングにお願いするようにしましょう。

 

水洗いが不可能の場合はクリーニングにお願いする

もしかしたらカシミヤやシルク、ウール素材のモノは基本的に洗濯機で洗えないのでクリーニング店にお願いしましょう。

 

もしオフシーズンに突入しているのであれば店舗型のクリーニングよりも宅配クリーニングをおすすめします

 

宅配クリーニングであればクリーニングやしみ抜きをしてくれるのはもちろんですが、着なくなったオフシーズンの間は安価な金額で保管してくれるサービスもあります。

 

なのでクローゼットの収納スペースが空いて、一緒に安くクリーニングできるので一石二鳥、いや一石三鳥くらい効率的なんですね。

 

なのでもし洗濯できないニットやクリーニングはブラッシングや臭いを取るなど定期的なケアをしながら休ませてオフシーズンに突入する時にクリーニングに出すようにしましょう。

 

ではニットやセーターの方を崩さずにどのようにしてクリーニングしていけば良いのでしょうか?

 

型崩れを防ぐニットやセーターの洗濯方法

これから型崩れを防ぎながらニットやセーターの洗濯方法について紹介していきます。

 

 

・洗濯表示を確認する

・洗剤を選ぶ

・目立つ汚れがある場合はおしゃれ着洗剤で処理をしておく

・たたんで洗濯ネットに入れる

・洗濯機の優しいコースを選ぶ

・脱水は短く終わったらすぐに取り出して自然乾燥をさせる

という流れになっております。

 

洗濯表示を確認する

まず洗濯表示を確認してニットやセーターが洗濯できるのかどうか確かめましょう。

 

新しい洗濯表示の場合は洗濯おけや手洗いマーク、昔の洗濯表示であれば洗濯機や手洗いマークがついている洗濯表示であれば洗う事が出来ます。

 

洗剤を選ぶ

洗剤によっては洗浄力が高いけれども生地が傷んでしまう洗剤もありますし、おしゃれ着洗剤のように型崩れや色あせのがしにくくい洗剤もあります。

 

ニットやセーターを洗濯する場合はおしゃれ着洗剤であるアクロンをおすすめします。

 

アクロンであれば柔らかくてフワフワの仕上がりになりますし、柔軟剤を合わせればもっとふわっとした仕上がりになります。

 

目立つ汚れがある場合は前処理をしておく

また袖口の汚れやシミ、襟足の部分のシミやよごれなど気になる部分は先におしゃれ着洗剤の原液をつけておくようにしましょう。

 

たたんで洗濯ネットに入れる

そして裏返してたたんで型崩れするのを防ぐために洗濯ネットに入れましょう。

 

もし複数のニットやセーターを洗濯する場合は1着1ネットをルールに洗濯ネットを1着ずつ入れるようにしておきましょう。

 

でないとこすれてしまい、毛玉が出来てしまうかもしれませんし、繊維が傷んでしまう可能性もあります。

 

洗濯機のやさしいコースで洗濯する

洗濯機には手洗い対応のコースやドライクリーニングの対応のように生地に優しい選択コースも沢山あります。

 

なのでなるべく生地を傷つけないように優しく洗浄し、なるべく生地の繊維を傷つけないようにしましょう。

 

洗濯をしたらすぐに取り出して整えて干す

そしてなるべく脱水の時間は少なくして水気がなくなったら洗濯機から早めに取りだしましょう。

 

洗濯機から取り出したらハンガーか洗濯物干しネットで乾かすようにしましょう。

 

私の家では平干しネットの方が服が伸びにくく、しわも付きにくいので平干しネットを使っています。

 

縮んでしまったニットやセーターを元に戻す方法

 

 

では縮んでしまったニットやセーターはどうすれば元通りに戻るのでしょうか?

 

私は縮んでしまったセーターやニットはもうずっとそのままだから決して元には戻らないと思っていました。

 

ですがある簡単な方法で実はニットやセーターが縮んでしまったとしても元通りに戻ることを知って驚きました。

 

・スチームアイロンを使って元に戻す

・トリートメントやリンスを使って元に戻す

このようにもしお気に入りのニットやセーターが縮んでしまったとしても元通りになるので安心してください。

 

では1つずつそれぞれやり方を説明していきます。

 

スチームアイロンを使って元に戻す方法

ニットやセーターは熱に弱いのでアイロンを使うといってもそのまま直接アイロンをしてしまうと繊維が溶けてしまいテカテカになってしまいます。

 

ですが浮かしがけを行えば縮んでしまったセーターやニットを元通りにすることが出来ます。

 

浮かしがけとは温かいスチームだけをかけて繊維を膨らませることです。

 

アイロンの掛け方

ステップ1 アイロン台にセーターを広げる。


ステップ2 セーター全体にアイロンをかける。この時にアイロンを直接当てるのではなくて浮かせながら一ヵ所に10秒ずつ程ゆっくりと蒸気を当てる。


ステップ3 上下左右にゆっくりとセーターを伸ばす


ステップ4 含んだ蒸気が完全に乾くまで放置して形を定着化させる。


という流れになります。

 

スチームアイロンを持っている人はぜひ試してみてください。

 

トリートメントを使ってセーターやニットを伸ばす

縮んでしまったニットやセーターは言うならば髪の毛がゴワゴワして絡まった状態と同じ状態です。

 

なので繊維の絡みをトリートメントで取ってしまえば元通りに戻ります。

 

トリートメントは髪の毛だけではなくて毛糸のほつれも解消することが出来るわけですね。

 

トリートメントの使い方

ステップ1 洗面器にトリートメントやリンス液を作る

40度ほどのお湯にセーターが浸かるくらいの高さまで入れて1プッシュ分のリンスを洗面器に入れてリンスとお湯をかき混ぜます。


ステップ2 セーターを浸す

その中にセーターをたたんでリンス液が染み込むように洗面器に浸してすぐに取り出して軽く絞ります。


ステップ3 セーターを伸ばす

濡れた状態で形を整えます。


ステップ4 平干しにする

広げて元の大きさまで戻したら平干しをして乾かします。


このようにすれば大抵のセーターは元通りにあるのでぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回の記事のまとめ
・ニットを洗濯する時はドライクリーニングなどやおしゃれ着洗剤など繊維を傷つけないようにする
・ニットが縮んでしまってもスチームアイロンやリンスで元通りに出来る
・平干しネットで平干しすると早く乾くので便利

いかがでしたでしょうか?

 

今回はニットやセーターの正しい洗濯方法や縮んでしまった場合の対処法、注意点などをお伝えしてきました。

 

セーターやニットは繊維によっては高額なものもあり、私のようにお気に入りのニットなどもあると思います。

 

そうするとどうしても縮んでしまったり、生地がヨボヨボになってしまうのを避けて中々洗濯したくないという気持ちもあると思いますが、正しい洗濯をすれば縮むこともなくふっくらとした仕上がりになっています。

 

なのでお気に入りのニットやセーターも正しい洗濯方法で洗濯をするようにしましょう。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。