【超簡単テク】ニットの毛玉がゴッソリ取れる裏技!おすすめグッズも紹介!

私は冬になると毎回、ニットやセーターを着るのですが、どうしても洗濯をすると毛玉が出来てしまうんですね。

 

毛玉取りブラシや毛玉取り機を使って一生懸命ニットの毛玉を取っていくんですがどうしても時間が取られますし、毛玉で部屋が汚くなってしまいます。

 

そこで今回はニットに毛玉が出来る原因や毛玉を取る方法やニットに毛だまが付きにくい洗濯方法、アイテムグッズなども紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・どうしてもニットに毛玉が出来てしまい、服を着ていくときに恥ずかしい

・毛玉取りブラシなどを使っているけれどもしっかりと毛だまが取れない

・毛玉が付きにくい方法を知りたい。

 

上記のようなお悩みを持っている方は沢山いると思います。

 

特に女性の場合はメイクなどでバタバタしていて服を選んでいるときにお気に入りの服に毛玉がついているとショックですし、焦りますよね。

 

そのような事が無いようにしっかりと服のケアはしっかりとしてあげて少しでも長くお気に入りのニットを着れるようにしていきましょう。

 

ニットに毛玉が出来る原因

まず毛玉が出来る原因ってなんだかわかりますか?

 

私も最初は全く分からずにニットやセーターを洗濯機に入れれるだけ入れて少しでも多く洗濯できるようにしていました。

 

それが原因で毛玉が出来るとは知らずに・・・。

 

毛玉が出来る原因は摩擦です。

 

なのでわき腹や腕の内側など擦れる部分に毛羽立ちが絡まって毛玉が出来てしまうんですね。

 

ニットやセーターを洗濯機に入れるのも洗濯中にこすれてしまい、毛玉が出来てしまうのです。

 

またニットやセーターはウールやカシミヤ、ポリエステルなど色々な繊維でできていますが、毛玉が出来やすい素材と毛玉が出来にくい素材があります。

 

毛玉ができやすい素材と毛玉が出来にくい素材

ニットやセーターに毛玉が出来やすい素材と出来にくい素材があるのは強度がちがうからです。

 

・素材の強度が強い:毛玉が出来やすい

・素材の強度が弱い:毛玉が出来にくい

「あれ? 」と思いませんでしたか?

 

私はこれを知った時におかしいなとおもいました。

 

「どうして強度が強いのに毛玉が出来やすいのかな~?」と。

 

毛玉は繊維が絡まって毛玉となります。

 

強度が弱ければ繊維がちぎれるけれども毛玉となるのはちぎれずに絡まるからなんですね。

 

では毛玉が出来やすい素材と出来にくい素材を見ていきましょう。

 

毛玉が出来やすい素材は合成繊維や化学繊維のものです。

 

毛玉が出来やすい素材
・アクリル・ポリエステル

 

毛玉が出来にくい素材
・綿・ウール・カシミヤ・シルク

 

となっています。

 

ではどのようにしてニットやセーターについた毛玉を取れば良いのでしょうか?

 

ニットにおすすめな毛玉取りアイテム

ニットやセーターについた毛玉を取る方法は様々なものがありますが主にこちらになります。

 

・スポンジでこする

・歯ブラシでこする

・カミソリで切る

・毛玉取りブラシを使う

・毛玉取り機を使う

このような方法があります。

 

スポンジでこする

 

まずはスポンジでこすって毛玉を取る方法を紹介していきます。

 

この方法はテレビで紹介されてSNSで大反響になった方法です。

 

 

やり方は簡単でスポンジのかたい面をニットの毛玉が目立つ場所において優しくこすっていくだけです。

 

歯ブラシでこする

2つ目の方法は歯ブラシでこすって毛玉を取っていきます。

 

これは毛玉が脇の部分など狭い所に集中しているときに簡単に毛玉を取ることが出来る方法です。

 

ただしこれも毛玉を切るわけではないのでニットやセーターの毛羽が立ってしまい、生地が傷んでしまう可能性もあるので本当に毛玉が取れなかった時にするようにしましょう。

 

カミソリで切る

 

3つ目はカミソリを使って毛玉を切りながら取っていく方法です。

 

 

ただしあまり激しくやり過ぎるとこのように穴が開いてしまうので注意が必要です。

 

 

この方法であれば毛玉取り機や毛玉取りブラシなどを購入しなくてもキレイにニットの毛玉を取ることが出来るので安心ですよね。

 

毛玉取りブラシを使う

もし本当にこういった生活アイテムで毛玉を取ることが出来るのかどうか心配な人は毛玉取りブラシや毛玉取り機を使うのがおすすめです。

 

 

毛玉取り機を使う

もしそれでも毛玉を取ることが出来ない場合や毛玉を取るのに時間がかかってしまう場合は毛玉取り機を使いましょう。

 

 

これであればセーターやニットだけではなくて大きなクッションや布団などの毛玉も取ることが出来るのでとても便利です。

 

でも大事なのはそもそも毛玉を作らないように毎日心がける事ですよね。

 

毛玉になってしまう原因は摩擦にの毛羽立ちによってできてしまうものです。

 

ではどのようにすればニットに毛玉がつかないようになるのでしょうか?

 

ニットに毛玉を作らない方法

ニットに毛玉はどうしてもできてしまうものです。

 

ニットやセーターも結局、生地が傷んできてしまう消耗品ですのでいつかは捨てる時がきます。

 

でもお気に入りのニットやセーターを長持ちしながら着たいですよね。

 

・静電気スプレーなどを使って摩擦を減らす

・洗濯機に入れる時は摩擦を少なくするために裏返して洗濯ネットに入れる

このような方法があります。

 

では早速見ていきましょう。

 

摩擦を防ぐためのアイテムまとめ

まずはニットやセーターを着る時に摩擦を防ぎ、毛玉を作りにくくする方法を紹介していきます。

 

毛玉の原因は生地の摩擦です。

 

これは静電気によって発生するものなので静電気を抑えれば毛玉もできにくくなります。

 

特に空気が乾燥している冬場は静電気が起こりやすいのでニットやセーターを着る時に静電気防止スプレーをかけて外出するのはおすすめです。

 

この静電気スプレーは摩擦を抑えて毛玉を出来にくくするほかにもホコリや花粉も付きにくくしてくれる効果があるので冬場に愛用するのはおすすめです。

 

また冬場になるとエレガードなど静電気防止スプレーなども薬局などに売っています。

 

これも抗菌効果や静電気の防止、毛玉の予防など様々な効果があるので静電気が気になる人や毛玉をつきにくくしたい人はおすすめです。

 

毛玉が出来にくい洗濯方法

また毛玉を出来にくくするためには選択するための工夫も必要です。

 

1.ニットやセーターは裏返して洗濯ネットに入れる

2.柔軟剤を使う

3.ドライコースで優しく洗濯する

4.脱水の時間も少なめにして自然乾燥させる

というのがおすすめです。

 

ニットやセーターは他の衣類と比べて生地や繊維が絡まってしまうのでドライコースで洗濯する事や裏返して洗濯ネットに入れておけば毛玉を抑えれて長持ちすることが出来ます。

 

まとめ

今回の記事のまとめ
・ニットの毛玉取りは様々な方法があるが生地を傷めたくないなら切る方法がおすすめ
・定期的な毛玉取りブラシなどのケアや静電気防止スプレーなどで長持ちさせることを意識する
・楽して毛玉を取りたいなら毛玉取り機がおすすめ

いかがでしたでしょうか?

 

私もこれまで何個か毛玉を取る方法を試してきましたが一番最後に行きついたのは毛玉取り機で毛玉を取ながら冬場は静電気防止スプレーをかけて花粉やほこりの対策をするという所でした。

 

なんだかんだで一番手っ取り早いですし、時短で済ませてしまい、他のことに時間を使った方が圧倒的にコスパが良いからです。

 

なのであなたももし毛玉に悩んでいるのであればまずはカミソリなどで毛玉を取っていくことです。

 

そして頻繁に毛玉が出来てしまうのであれば毛玉ブラシ、毛玉取り機に移行していくのがおすすめだとおもいます。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。