礼服の宅配クリーニング料金や頻度は?おすすめの宅配クリーニングサービスまとめ

冠婚葬祭でしか着ることがない礼服はクリーニングした方が良いと言われていますがあまり汚れは目立ちませんし、別にクリーニングしなくても良いかなと思ってしまいますよね。

 

ですが礼服はスーツなどと比べてデリケートな素材が使われており、ケアをしていないとカビが生えてしまったりシミが取れなくなってしまいます。

 

なので必ず冠婚葬祭が終わった後はクリーニングに出すことをおすすめします。

 

今回はそんな礼服や喪服の宅配クリーニングの料金や頻度、おすすめな宅配クリーニングサービスを紹介していきます。

冠婚葬祭で着用する礼服の種類

まずは冠婚葬祭で着る礼服とはどのようなものなのか知っておきましょう。

 

なぜならスーツと礼服は似ていますが、クリーニングに出すとスーツと同じ値段と思っていた礼服の方がクリーニング料金が加算されてしまい、高くなってしまうからです。

 

男性用の礼服

まずは男性用の礼服はどのようなものなのか知っておきましょう。

 

男性用の礼服

礼服の種類 着用する場面
ブラックスーツ 一般的なフォーマルウェアで喪服として弔事でも着用できる黒いスーツ
タキシード 結婚式で新郎や両家父親が着用するような衣服。中高年以降の方であれば結婚式やパーティーの接待客としても着用可能。
モーニングコート 昼の聖礼服であり、最も格式高いフォーマルウェア。

結婚式や入学式、卒業式で位の高い人が着用している。

燕尾服 夜の正礼服で格式高いフォーマルウェア。

演奏家や指揮者などが着用したり、観劇、結婚式、式典などにも着用する場合が多い。

では女性用の礼服とはどのような種類のものをいうのでしょうか?

女性用の礼服

女性用の礼服

ブラックフォーマル 女性用の最もオーソドックスのフォーマルウェア。

お葬式や法要などの弔事の場面での着用、卒業式や結婚式でも着用します。

セレモニースーツ 入園式や式典、卒業式、入学式発表会など明るいイベント用に作られたフォーマルウェア。

中には着回しをしてオフィススタイルで着用する方などもいます。

パーティードレス パーティードレスは「アフタヌーンドレス」、「セミアフタヌーンドレス」、「イブニングドレス」、「カクテルドレス」などを総じた名称。

結婚式やパーティードレスなど華やかな場面で着用することが多いですが、セレモニースーツよりも着回しができないので難点。

となっています。

では礼服や喪服のクリーニング料金の相場やクリーニングから返ってくる日数はどのくらいかかるのでしょうか?

礼服や喪服のクリーニング料金の相場や日数

礼服や喪服はスーツよりも生地がしっかりとしているのですこし料金が高くなってしまいます。

なので店舗に行くとこれはスーツ料金だと思っていても礼服の料金で料金が上がってしまい、クリーニングされることもあるので注意が必要です。

礼服のクリーニング料金はどのくらい

礼服のクリーニング料金の相場は一般的にこのようになっています。

 

・上下(上着+ズボン)セット:1300円

・上着のみ:1100円

・ズボンのみ:750円

 

・ワンピース:1500円

・上着:750円

・ブラウス:500円

・スカート:800円

 

となっています。

 

高いといってもコートなどよりは安いですね。

 

ですが1回着てクリーニングに出すということを考えるとこの金額はすごいもったいない気がしますが毎回着れるように長持ちするためには仕方ない出費と考えるのがベストでしょう。

礼服のクリーニングの日数は?

では礼服のクリーニングされる日数はどのくらいなのでしょうか?

 

卒園式や入園式などが終わってバタバタする中でクリーニングに出すのでなるべく早めにクリーニングされて返ってきてほしいですよね。

 

クリーニングは家まで集荷に来てくれて配送してくれる宅配クリーニングや店舗まで行かないといけない店舗型クリーニングと2種類のクリーニングがあります。

 

宅配クリーニングの場合は家でできる反面、集荷や配送などがあるのでどうしても店舗型クリーニングよりも日数がかかります。

 

なので平均のクリーニング日数は2日~5日となっています。

 

店舗型クリーニングの場合は店舗に自分で持っていくのでクリーニングにかかる日数は即日~3日ほどかかってきます。

 

では宅配クリーニングよりも店舗型クリーニングの方が日数が早いので店に持っていこうと店舗型クリーニングする方がいます。

 

ですが、どうしても店まで持っていくときに手間と時間がかかってしまい、先延ばしにしてしまう原因となります。

 

私も店舗型クリーニングの方が宅配クリーニングよりも日数が短いのでわざわざお店まで持っていっていました。

 

しかし仕事が忙しくなるとどうしても時間が取れなくなって先延ばしにしてしまうんですね。

 

そんな時にリネットなら宅配クリーニングだけれどもプレミアム会員(4680円/年)になれば即日仕上げで仕上げることが出来ると知って今では重宝しています。

 

朝出した礼服が翌日の夜にはクリーニングされた状態で家まで届きますのでとても便利ですし、手間もかからないので急ぎで礼服をクリーニングして欲しいと考えている方はぜひ検討してみてください。

 

では有名なクリーニング業者の料金の相場を比較してみましょう。

有名なクリーニング業者で料金を比較

では実際に礼服のクリーニングの料金はどこが安くて日数もかからないのかジャケット、パンツ、ワンピースとそれぞれの宅配クリーニングサービスの料金を比較してみましょう。

 

有名な宅配クリーニング業者を比較

クリーニング業者 ジャケット パンツ ワンピース 日数
リネット(初回) 428円 297円 554円 1日
ホワイト急便 750円 550円 1000円 即日
リナビス 940円 940円 940円 5営業日
リネット 950円 660円 1230円 1日
ネクシ― 960円 660円 1300円 6日
白洋舎 3400円 1500円 1450円 即日
せんたく便 取扱不可 取扱不可 取扱不可 取扱不可

となっております。

 

リネットは初回の場合、半額で礼服をクリーニングすることが出来て日数もプレミアム会員だと朝出した礼服が翌日の夜にクリーニングされた状態で届くのでおすすめです。

礼服は店舗型よりも宅配クリーニングの方がおすすめ

では宅配クリーニングと店舗型のクリーニングではどちらがおすすめなのでしょうか?

 

宅配クリーニングのデメリットである料金がかかったり日数がかかることを考えると店舗型クリーニングの方がおすすめのような気がしてしまいます。

 

ですが宅配クリーニングの方がおすすめなんですね。

 

・料金はかかるが圧倒的に手間が少ない

・衣類や集荷や配送などの対応も24時間WEBで完結できる

・保管サービスを利用できるので収納スペースがあがる

などのメリットがあります。

 

では1つずつ順番に見ていきましょう。

 

料金はかかるが圧倒的に手間が少ない

宅配クリーニングの場合は料金はかかってしまい、日数もかかりますが近くのクリーニング屋さんに持っていく手間が省けます。

 

どうしてもクリーニングに出そうと考えるとクリーニング屋さんにもっていくのに時間がかかってしまうケースもありますし、近くにクリーニング屋さんが無い場合もあります。

 

または忙しくて中々、クリーニング屋さんに持っていく時間が取れない方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが宅配クリーニングであればわざわざ店舗に持っていくことなく宅配業者が取りに来てくれるので圧倒的に手間が楽になります。

 

衣類の集荷や配送、WEBメールでの24時間対応

また衣類や集荷や発送などの問い合わせも24時間対応してくれます。

 

忙しい方にとっては夜遅くに帰ってきてから礼服をクリーニングに出したいと考えていても、店舗が閉まっているので中々、クリーニングすることが出来ません。

 

ですが宅配クリーニングの場合はコンビニに持っていける宅配クリーニングサービスもあるので簡単にクリーニングをすることが出来ます。

 

なので店舗型のクリーニングよりも宅配クリーニングの方がストレスなくすぐにクリーニングに出すことが出来るんですね。

保管サービスを利用出来る

また宅配クリーニングでは保管サービスを利用できるので使わなくなった礼服を預けることが出来ます。

 

もし収納スペースが少ないのであれば一度、保管サービスを検討してみることをお勧めします。

 

礼服をクリーニングする時におすすめのオプション

では礼服をクリーニングに出す時、おすすめのオプションサービスなどは何があるのでしょうか?

 

礼服はクローゼットにしまっておく期間が長いので防虫加工や防カビ加工、抗菌加工をするのがおすすめです。

 

私も何も対策しないでクローゼットにしまっていたところ、ポツポツとカビが出来ていたり、虫食いに合ったことがありました。

 

なのでしばらく着用しない礼服が心配な方は防虫加工や防カビ加工をすることをおすすめします。

 

また夏場に礼服を着た場合は汗の臭いが染みついている可能性があります。

 

そうした場合は汗抜き加工をして汗の臭いやシミの汚れなどを取るようにしましょう。

礼服クリーニングにおすすめの宅配クリーニングサービス

では礼服をクリーニングする時におすすめの宅配クリーニングは何なのでしょうか?

 

礼服をクリーニングする時に

 

どこの宅配クリーニング業者を選べば良いのか分からない!

 

という方も沢山いらっしゃるでしょう。

 

では順番にコスパの良い礼服をクリーニングしてくれる宅配クリーニング業者を紹介していきます。

 

圧倒的コスパの良いリネット

まずは初回が半額でクリーニング出来て、プレミアム会員になると即日でクリーニングされて自宅に届くリネットが圧倒的にお勧めです。

 

口コミでもリネットは人気があり、

 

最短2日の時間でこんなにもクオリティが高い宅苦杯クリーニング業者は初めて。

 

と満足度の高い口コミも沢山あります。

 

また価格的にもリネットの場合は礼服も定価が1000円なので500円でクリーニング出来て2日で自宅まで配送されていくのは誰が見ても圧倒的なコスパの良い宅配クリーニングサービスですよね。

 

ぜひ急いでいる方や費用を抑えたい方はリネットがおすすめです。

 

手作業でクオリティの高いリナビス

質を重視するのであればリナビスがおすすめです。

 

リナビスであれば無料でシミ取りをしてくれたり、取れそうなボタンを縫い繕ってくれたり、様々な無料サービスがあります。

 

また保管サービスもしているので最長で6ヶ月の保管サービスを利用することが出来ます。

 

ファミリー層向けならKAJITAKU

KAJITAKUはイオングループが展開している家事サービスであり、メディアにも多数取り上げてられており、安心感があります。

 

KAJITAKUであれば1000円台でスーツをクリーニングすることが出来て、15点セットでまとめてクリーニングに出すと1点800円程度でクリーニングすることが出来ます。

 

なのでまとめてクリーニングに出したいファミリー層向けであり、お子さんの礼服や旦那の礼服などまとめてクリーニングに出したい方はKAJITAKUがおすすめです。

 

またKAJITAKUも本来、宅配クリーニングサービスは5日ほどクリーニングするのにかかってしまうものですが最短で2日で仕上げてくれて、3日後には自宅に配送されるほどスピーディーなサービスでもあります。

 

時間がないけれども何とかクリーニングしたいという方もKAJITAKUを利用すれば早くクリーニングされて戻ってくるので家族でクリーニングするならおすすめです。

 

まとめ

今回の記事のまとめ

・礼服のクリーニングは店舗よりも宅配クリーニングがおすすめ

・リネットやKAJITKUは2、3日でクリーニングされて戻ってくるので便利

・カビや虫食いなど気になる方は防虫加工や防カビ加工をする

いかがでしたでしょうか?

 

今回、礼服のクリーニング料金の相場や日数、おすすめの宅配クリーニングなどを紹介してきました。

 

礼服は中々使う頻度が少なくクリーニングに出すのか迷う事もあるかもしれませんが、汚れが残っていたり、シミが残っているとどうしても汚れが落ちてしまいます。

 

なので礼服は1度使ったらリネットやリナビスなどの宅配クリーニングなどでコスパ良くクリーニングしてもらう事をおすすめします。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。