スーツのカビをクリーニングに出した料金相場を比較!おすすめはどこ?カビ予防や防止対策も解説!

スーツをクローゼットに長期保管していて見たらいつの間にか、黒い斑点が沢山・・・。

 

最初、スーツのカビと出会ったときは「この斑点って何だろう?」と分からなかったと思います。

 

私も正直、最初スーツにカビが生えるなんてわかりませんでしたし。。。

 

でもスーツのカビって意外に頑固で自分では取りにくいんですよね。

 

私も自分でスーツのカビを取ろうとしましたが残念ながら洗剤のせいで生地が傷んで縮んでしまっておしゃかにしたこともあります。

 

中には毎回、毎回スーツをしまう度にカビまみれになってしまうなんて方もいるでしょう。

 

もしスーツにカビが出来てしまったときはクリーニングに出してとってもらうしかありません。

 

今回は、「毎回、毎回カビが生える度にクリーニングに出すのは家計的にもバカにならない!」という方のために、スーツのカビを取るための料金相場やおすすめのクリーニング店、カビ予防や防止対策を徹底的に解説していきます。

 

ぜひこの機会にカビ防止対策を行ってスーツのカビとはおさらばしてしまいましょう。

 

スーツのカビをクリーニングに出す時間がない人も応急対策をしよう

そもそもスーツのカビって自分で取れないの?

 

と思われるかもしれませんが、自宅でスーツのカビを取るのは本当に難しいです。

 

もし仮にスーツのカビが取れたとしても私のようにスーツの生地が傷んでしまう可能性があるのでなるべくスーツにカビが繁殖したらクリーニングに出すことをおすすめします。

 

忙しいサラリーマンの方などや独り暮らしの方、共働きされているご家庭の場合、スーツをクリーニングに出す時間がないという方はせめて応急処置をしておきましょう。

 

自宅でできる応急処置1:お湯を使ってカビを薄める

お湯を使った応急処置であれば誰でも今すぐに実践することが出来るので最低限これだけでも抑えておくと今後に役立ちます。

 

用意するもの

・洋服用ブラシ:1本・お湯(30~40度):適量・タオル:1本・アイロンまたはドライヤー

 

お湯を使ったカビの落とし方
ステップ1最初にスーツを日光に当てて乾燥させ、表面のついたカビをブラッシングして払い落とします。あまり強くブラッシングせずに、あくまで目立つカビを落とす程度にしておきましょう。カビ菌が飛び散るので、なるべく外で作業するようにしてください。


ステップ2

お湯を漬けてから固く絞ったタオルでカビ部分を叩くようにしてカビを落としていきます。

拭いてしまうとカビが内部に染み込んでしまうので注意が必要です。


ステップ3

カビが目立たくなったら最後にアイロンやドライヤーを使って、濡れた部分をしっかりと乾燥させて完了です。

最後の乾燥させる段階ではスーツを焦がしてしまわないように必ず当て布をしておこなうようにしましょう。


 

ただし、注意点としてカビを目立たなくなることは出来るのですが、厳密には生地にはまだカビ菌が残ったままとなっています。

 

必ずクリーニング店で取り除くようにしましょう。

 

消毒用エタノールを使った対処法

次にもう少しカビの目立ちを薄めるために消毒用エタノールを使います。

 

用意するもの

・消毒用エタノール:適量

・洋服用ブラシ:1本

・歯ブラシ:1本

・アイロンまたはドライヤー

 

消毒用エタノールを使ったカビの落とし方

ステップ1最初にスーツをよく乾燥させてから洋服用ブラシを使って表面のカビを払い落とす。

注意点としてはカビ菌が周りに散ってしまうので、なるべく外で行うのがおすすめ


ステップ2

次に歯ブラシを消毒用エタノールに浸す。

浸すのは歯ブラシの毛先程度までにしておく


ステップ3 カビ部分を軽く叩くようにして消毒用エタノールに漬けた歯ブラシを使ってブラッシングする


ステップ4 カビが目立たなくなったら、最後にドライヤーなどを使って、濡れた場所を乾燥させて完了

という流れになります。

 

この方法も表面のカビを目立たなくしているだけなのでカビが見えないからといって放っておくとまたカビが繁殖してしまいます。

 

なので応急処置をして時間を確保出来たらクリーニングに出すようにしましょう。

 

ではそもそもどうしてクローゼットに収納しているだけでカビが生えてしまうのでしょうか?

 

このカビが出来る根本の原因がわかるとカビを生えない対策を打つことが出来ます。

 

早速見ていきましょう。

スーツにカビが生える原因は?

そもそもどうしてスーツにカビが生えてしまうのでしょうか?

 

・雨や雪など濡れてしまったスーツを十分に乾かさずにクローゼットにしまっている

・汗や皮脂がたっぷり染み込んだスーツをクリーニングに出さずに長期間放置している

・クローゼットの中に隙間なく衣類を詰め込んで保管している

・スーツをクリーニングから戻ってきた状態で保管している

 

というのカビが発生してしまう原因となります。

 

私も雨で濡れてしまったスーツを乾燥させずにクローゼットに収納してしまったので濡れたスーツだけではなく、何枚ものスーツにカビが生えてしまって全てクリーニングに出したこともあります。

 

なので乾燥せずにスーツをクローゼットに収納するのは本当に危険なことなんですね。

 

ではカビが発生してしまう好条件とは何なのでしょうか?

 

カビの繁殖条件

カビの繁殖条件

・温度

・湿度

・酸素

・栄養分(有機物)

 

これらがカビを発生してしまう好条件となります。

 

なので

「1回しかスーツを着てないからいいだろう。」

という気軽な気持ちでクローゼットに収納するとスーツだけではなく、シャツやコート、ズボンなどにもカビが繁殖してしまうので注意が必要です。

 

カビが好む温度

カビが好む温度は20度~30度と言われています。

 

なので人間と同じくらいの気温にカビも好み、増殖してしまう可能性があります。

 

これはどうすることもできないので湿度、栄養素の部分をしっかりと対策していきましょう。

 

カビが好む湿度

カビは湿度が70%の湿気が高い環境で繁殖します。

 

クローゼットの中は日も当たらず、閉め切っているので風通しも悪いです。

 

なのでクローゼットの中は湿度が70%以上となってしまうのでカビが繁殖してしまいます。

 

特に長く雨が降り続く梅雨の時期はしっかりと乾燥材を入れておかないとクローゼットの中がカビだらけになる可能性があります。

 

カビが好む栄養素

カビが好む栄養素とは何だと思いますか?

 

実はカビは汗や皮脂の汚れ、飲食物の食べ残しやシミなどを好みます。

 

なのでシミがついたまま、汗の臭いがついたままの状態でクローゼットに入れているとカビだらけになってしまうんですね。

 

なので長期保管する時は必ず一度クリーニングに出して乾燥させてからクローゼットで保管するのがおすすめです。

 

そもそもスーツのカビって2パターンあります。

 

それは白カビと黒カビです。

 

白カビはクリーニングで簡単に取れますが、黒カビは取りにくいといわれています。

 

もっと具体的にカビの種類を見ていきましょう。

 

スーツに発生する白カビと黒カビ

 

スーツに発生するカビで簡単に取れるのが白カビです。

 

白カビの特徴として繊維に入り込むネットこの部分も白いために見た目の上ではキレイに取り除けます。

 

なので発見した時にはすぐにクリーニングに出してしまいましょう。

 

黒カビは浴室やトイレ、壁やクローゼットの中、飲食物など家の至るところに繁殖しているのが黒カビです。
低温や乾燥にも強いのが特徴です。

黒カビは健康の害を引き起こす可能性も

黒カビは喘息やアレルギーなどを引き起こす原因の一つとして考えられています。

 

よくお風呂やトイレ、台所などに発生している黒い斑点は全て黒カビになりますので大変かもしれませんが定期的に掃除をして黒カビを繁殖させないようにしないといけません。

 

・湿気のこもりやすい場所

・結露が発生しやすく湿った場所

・エアコンや台所

 

などがあります。

 

スーツに黒カビがついてしまった場合も取り除くことは厳しく、カビ取りを行っている専門のクリーニング業者にお願いしましょう。

 

スーツにカビが出来てしまってクリーニングに出しても

「全くカビを取ることが出来なかった!」

「カビが取れていると思ってよく見たらカビが目立たなくなっただけだった。」

というクリーニングのトラブルもよく聞きます。

 

 

ではカビをしっかりと取ってくれるスーツのカビ取りにおすすめのクリーニング業者はどこなのでしょうか?

 

スーツのカビ取りなら宅配クリーニングのリナビス

 

スーツのカビ取りならリナビスがおすすめです。

 

リナビスの特徴としては「カビ抜き加工」をオプションで付けてくれる業者だからです。

 

シミ抜き加工を有料ではなく、無料でやるくらいですから、相当カビを取る自信があるってことです。

 

カビ抜き加工って何?

そもそもカビ抜き加工ってどんな風にするの?

と思われるかもしれません。

 

本来であればスーツのカビを染み抜き加工で行うのが一般的な業者です。

 

・漂泊という方法を使ってカビを除去する

・カビが取れにくいものは手作業で水洗いをしてカビを取る

この方法で白カビは取れるでしょう。

 

ですが黒カビは中々取るのが難しいのが現状です。

 

なのでカビ抜き加工でカビを生えないように防カビ加工を実施します。

 

カビ抜き加工によってカビを生えにくくするのでカビが生えやすい場合はぜひ1度やってもらうことをお勧めします。

 

リナビスのクリーニング日数はどのくらい?

リナビスの場合、宅配クリーニングなので手間と時間は大幅に削減しながらクリーニングに出すことが出来ます。

 

ですが少し日数がかかてしまうので5日程度を目安として見ておきmさよう。

 

リナビスの料金設定は?

リナビスの場合、5点、10点、20点とパック料金の設定になっています。

 

リナビスの料金設定

カウント数 初回 2回目以降
5点 5900円(送料無料) 7000円(リピート割引あり、送料別)
10点 10800円(送料無料) 9800円(リピート割引あり、送料別)
20点 18800円(送料無料) 17800円(リピート割引あり、送料別)

となっています。

 

そして1点あたり500円がカビ抜き加工のオプション料金としてかかってきます。

 

なので初回の場合は5900円+500円=6400円

という計算になります。

 

ですがスーツをクリーニングしてカビが取れたとしても毎回毎回、クリーニングに出していると家計も圧迫されますよね。

 

なので安く節約するためにはカビの繁殖を抑えるのが一番のおすすめです。

 

ではカビの繁殖を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

スーツのカビ防止、予防策は?

 

1度でもカビが発生してしまうとその洋服を収納している場所にカビ菌がまだたくさんいる可能性があります。

 

なので消毒用のエタノールを買ってきて霧吹きに入れて吹きかけて除菌するようにしましょう。

 

もしカビを見つけたらクローゼットから出して一度すべての服を天日干ししてカビ菌を殺すと予防策にもつながります。

 

スーツのカビを予防するには換気と除湿剤がおすすめ

カビは湿った環境を好みます。

 

なのでクローゼットを開けて換気させてあげると乾燥するのでカビ菌も減ります。

 

また家計に余裕があるのであれば除湿剤や除湿器を購入して湿度をコントロールすることをお勧めします。

 

オフシーズンなら宅配クリーニングの保管サービスにお任せするのが最も楽

 

もしスーツを長期間保管するのであれば宅配クリーニングの保管サービスにお任せするのが最も楽です。

 

リナビスの場合は6か月無料で保管サービスで預けることが出来ます。

 

特に湿気の増えるシーズンである6月などは着ないスーツは保管サービスで長期保管してクローゼットをすっきりさせておきましょう。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめ
スーツのカビはクリーニングでしかとることが出来ない
カビの繁殖を防ぐためには換気と湿度の管理が必要不可欠
手間と時間を考えるなら保管サービスを利用するのがおすすめ

 

今回はスーツのカビを取る方法やおすすめのクリーニング店、カビの種類について紹介してきました。

 

油断いていると簡単にカビは繁殖し、スーツだけではなくクローゼットに閉まっている全ての衣類についてしまうので定期的なメンテナンスや換気をしておくようにしましょう。

 

もしその手間と時間を使いたくないならぜひ宅配クリーニングの保管サービスを利用しましょう。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。