羽毛布団のクリーニング料金相場と頻度は?宅配クリーニングでおすすめはここ!

羽毛布団を長い間、クリーニングに出していないとダニやハウスダスト、カビの原因で咳が止まらなくなったり、体調不良の原因となってしまいます。

 

ですがクリーニングを利用したとしても

・クリーニングに出したら変な臭いが付いてしまった。

・シミや汚れが付いたからクリーニングに出したのに全く取れなかった。

・クリーニングに持ち込んだが断られてしまった。

 

という事があるでしょう。

 

また羽毛布団をクリーニングに出そうと思っても「何だか高そうだから抵抗感がある。」という方も沢山いると思います。

 

なので今回は羽毛布団のクリーニング料金相場と頻度、おすすめの宅配クリーニング業者について紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・羽毛布団をクリーニングに出したいけれども料金がどのくらいになるか分からない。

・本当にぺちゃんこにならないで羽毛布団がフワフワな仕上がりで返ってくるか不安

・コスパが良い羽毛布団でもクリーニングしてくれる宅配クリーニング業者を探している。

上記のような悩みを持っている方にとって解決できるように羽毛布団の料金相場や仕上がりが良い宅配クリーニングサービス会社について紹介していきます。

 

羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリット

まず羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリットをしっかりと把握していくことによって どうしてクリーニングに出さなければいけないのかという曖昧な気持ちが解決していきます。

 

では早速見ていきましょう。

 

羽毛布団をクリーニングに出すメリット

まず羽毛布団をクリーニングに出すメリットを知るためにもクリーニングに出していない状態というのはどういう状態という事を理解しておかなければいけません。

 

【注意】羽毛布団をクリーニングに出していな状態

・ダニ、ダニの死骸や抜け殻、フンによってアトピー性皮膚炎や喘息になる可能性がある

・カビや細菌類によって体調不良になる

・皮脂の脂肪分やフケやアカをエサにダニが生息する

 

などの状態になっているという事です。

 

聞いただけで恐ろしいですよね。

 

喘息が止まらない方やアトピー性皮膚炎の原因は中にはこういった長期的にクリーニングせずにダニや細菌が生息しているのが原因の可能性も考えられるのです。

 

では羽毛布団をクリーニングに出すメリットとはどのような事があるのでしょうか?

 

・ダニやアレルゲンの除去

・カビの除去

・保温力の回復効果

・ニオイの原因を根本からなくす

・布団を長持ちさせる

このようなメリットがあります。

 

喘息やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの原因となる物質をアレルゲンと呼びます。

アレルゲンの種類にはホコリや花粉などもありますが、主に言われているのがダニやダニの死骸やフンといわれています。

 

では反対に羽毛布団をクリーニングに出すデメリットは何なのでしょうか?

 

羽毛布団をクリーニングに出すデメリット

羽毛布団をクリーニングに出すデメリットはやはり手間とお金がかかる事ですよね。

 

・自宅やコインランドリーで洗濯する際よりもお金がかかる

・クリーニングに出してから返却されてくるのに時間がかかる

・店頭でも宅配でも手間がかかる

という理由があります。

 

確かにその通りです。

 

ですが

「もし自分や大切な子供、家族がアトピー性皮膚炎を発症してしまったら・・・。」

「喘息が止まらずに喘息持ちになってしまったら・・・。」

 

そう考えると余計に医療費や出費のお金と時間、手間がかかってくると思いませんか?

 

そういった最悪のケースが無いように定期的に羽毛布団をクリーニングに出しておくのがおすすめです。

 

羽毛布団のクリーニングの料金相場

では羽毛布団をクリーニングに出した時の料金相場はどのくらいなのでしょうか?

 

「もし高かったら嫌だなー。」と胃をキリキリとさせながら気になる方もいるかと思いますが実は思った以上にクリーニング料金は高くありませんし、そもそもそんなに頻繁にクリーニングに出す必要もありません。

 

羽毛布団のクリーニング料金の相場は大体4000円~7000円と言われています。

 

この誤差というのは宅配クリーニングか店舗に持ち込んでクリーニングに出す違いですね。

 

では店舗型のクリーニングと宅配クリーニングではどのくらい違うのか見ていきましょう。

 

安く済ませたいなら店頭まで羽毛布団を持ち込む

本当に安くクリーニングを済ませたいなら店頭まで羽毛布団を持ちこむ店舗型のクリーニングがおすすめです。

 

自分自身で羽毛布団を持ち込むのでお店の負担が下がり、その分、料金も下がってきます。

 

私が知っている最安なのは羽毛布団1枚、3300円のタナカふとんが一番安いと言えるでしょう。

 

ですが中には近くのクリーニング店が布団を取り扱っていないケースもあるので持ち込む前に近くの店舗型のクリーニング店に電話をして確認しておきましょう。

 

時間を買うなら宅配クリーニングに任せる

「羽毛布団をクリーニング店に持ち込むのは手間だ!もっと楽な方法を知りたい!」

と考えているなら宅配クリーニングサービスを利用する事をお勧めします。

 

宅配クリーニングサービスであれば家から出ることなく羽毛布団をクリーニングしてくれて配送まで全て行ってくれるので手間いらずになります。

 

ですがその分、お店側に手間がかかってしまうので布団のクリーニング料金が少し高くなってきてしまいます。

 

有名な宅配クリーニングサービスであるリナビスでは1枚6600円となっており、枚数が増えるごとに1枚当たりの料金が安くなっていきます。

 

また宅配クリーニング業者の中には保管サービスを行っている所もあるので実際にどのくらいの保管をしてくれるのか調べて収納スペースを空けるためにも検討するのもありでしょう。

 

宅配クリーニングの仕上がり日数はどのくらい?

ではもし宅配クリーニングに羽毛布団をクリーニングしてもらおうと依頼した時にどのくらいの日数がかかってしまうのでしょうか?

 

宅配クリーニングの業者によって違ってきますし、繁忙期によって違ってきますが、通常は約10日間が宅配クリーニングのクリーニングにかかる日数になります。

 

繁忙期の1月~7月によっては1ヶ月かかってしまうケースもあるのでクリーニングするタイミングも検討する事をお勧めします。

 

羽毛布団のクリーニングの頻度は?

ではどのくらいの頻度で羽毛布団をクリーニングに出せばよいのでしょうか?

 

クリーニングの頻度は個人差もありますが、一般的な羽毛布団のクリーニングの目安は3~5年に1回程度がベストになります。

 

ただこのような状態になった時は羽毛布団をクリーニングに出すことをお勧めします。

 

・ 干してもぺちゃんこのままでふくらみがない

・布団が冷たく感じるようになってきた

・干してもシーツを洗っても臭いが取れない

・布団で寝るとなんかかゆみを感じて肌が赤くなっている。

このような状態になった時には汗の成分がニオイについてしまったり、ダニが繁殖している可能性がありますので一度、クリーニングに出してみる事をお勧めします。

 

羽毛布団をクリーニングするなら宅配クリーニングがおすすめ

羽毛布団をクリーニングするなら手間や時間を考えるとやはり宅配クリーニングがベストでしょう。

 

自宅まで集配や配送をしてくれるのは忙しい方にはありがたいですし、便利です。

 

では羽毛布団はどこの宅配クリーニングがおすすめなのでしょうか?

 

早速、おすすめできる宅配クリーニングを見ていきましょう。

 

1枚当たり4150円でクリーニングに出せるリナビス

まずはリナビスです。

 

リナビスの特徴といったら何といっても1枚当たり4150円で仕上げてくれるという圧倒的な安さがあります。

 

また日数も10日間と長くなく、バランスが取れて安くクリーニングできる宅配クリーニング業者です。

 

またリナビスは創業から140万枚以上もの布団のクリーニングをしてきたので実績豊富であり、シミ抜きやダニなどのアレルゲンもしっかりと除去してくれます。

 

シミや汚れも気になるふとんlenet

ふとんlenetであれば布団クリーニングの料金は1枚8800円から利用することが出来て、へクリーニングされて配送される際は圧縮袋のまま配送されてくるので受け取るときも楽に受け取ることがd系ます。

 

日数も最短で10日とリナビスとあまり変わりがありませんし、布団専用の乾燥室とタンブラーで乾燥してくれるのでぺちゃんこだった布団もふっくらとして戻ってきます。

 

ふわふわ仕上げで最長1ヶ月の長期保管サービスがあるKAJITAKU

KAJITAKUの布団クリーニングサービスは布団丸洗いパックサービスがついており、水洗いで皮脂やダニ、汚れなどをキレイに落としてくれます。

 

またぺしゃんこになってしまった羽毛布団もふかふかの状態でキレイにしてくれますし、羽毛布団の場合は2点で1万3000円から利用すルことが出来ます。

 

また最長で9ヶ月間の保管サービスも付いているので使わなくなった羽毛布団を保管して収納スペースを広げることも出来ます。

 

まとめ

今回の記事のまとめ
・羽毛布団は3年に1度はクリーニングに出さないとダニの巣窟となり、皮膚炎を起こす可能性もある

・羽毛布団は頻繁にクリーニングに出さないのでコスパ的にも悪くないので気になることがあったらクリーニングに出すようにする

・店舗型よりも宅配クリーニングの方が手間と時間がかからずにクリーニングに出せるのでおすすめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は羽毛布団のクリーニング料金の相場や頻度、クリーニングに出すタイミングなどを紹介してきました。

 

宅配クリーニングであれば時間と手間がかからなく、自宅にいながらでも羽毛布団をクリーニングに出すことが出来るので、いくら布団を外に干しても身体がかゆい、なんだかぺしゃんこになった気がするという違和感があるのであればクリーニングに出すようにしましょう。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。