ワイシャツクリーニングの料金相場を比較!格安でできる宅配クリーニングはどこ?お手入れやキレイにしまう収納方法も解説

忙しいビジネスマンの方やこれから社会人になっていく方などで気になるのがクリーニングでしょう。

 

「何か自分のワイシャツが黄ばんでいて臭う・・・」

「周りと比べるとどうしても汗の臭いがしてしまう・・・」

という方は急いでクリーニングに出さなければいけません。

 

ですが中々クリーニングを利用しない方にとってはどのようにしてクリーニングに出せば良いのか、クリーニングの料金や相場、日数について気になる所だと思います。

 

そんなあなたのために今回はワイシャツのクリーニングの相場料金や格安でできるクリーニングの方法、日数や頻度、そしてワイシャツの手入れの仕方や収納方法について紹介していきます。

 

目次

ワイシャツクリーニングの料金相場はどのくらい

ではワイシャツの料金相場はどのくらいなのでしょうか?

 

実際に汗っかきの方やワイシャツをすぐに汚しやすい環境で働いている方にとってはクリーニングを使うときに気になるのはワイシャツの料金相場ですよね。

 

自分はこの金額でいつもクリーニングしているのに、
実は同僚はもっと安くキレイにクリーニングしていた!

 

というのを聞くと節約対策にもなってきます。

 

なのでまずはワイシャツのクリーニング料金の相場を見ていきましょう。

 

ワイシャツクリーニングの料金コースの違い

実はワイシャツによってクリーニング料金が違ってきます。

 

・白色ワイシャツか、色物ワイシャツの違い

・ハンガー仕上げになっているかタタミ仕上げか

・手洗いやアイロンなどのハイクラス仕上げか

・スピード仕上げや即日渡しをするのか

 

では実際にワイシャツのクリーニングの相場を見ていきましょう。

 

ワイシャツクリーニングの相場はたったの152円

実際に大手クリーニングチェーン店のワイシャツクリーニングの相場料金を表にしてみました。

 

A店 97円
B店 150円
C店 238円
D店 195円
E店 130円
F店 184円
G店 150円
H店 216円
I店 248円
J店 162円
平均相場 152円

 

となっています。

 

つまりワイシャツのクリーニングの平均相場は152円という事だったんですね。

 

少し高くても手間をかけないなら宅配クリーニングがおすすめ

 

中には

もう少し高くても時間を節約したい!

という方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

そういった方は宅配クリーニングがとても便利です。

 

たった200円~300円ほどで自宅に集荷に来てくれて仕上がったら自宅に届けてくれます。

 

なので自宅から1歩も出ることなくクリーニングをすることが出来てしまうんですね。

 

またネットで注文して宅配業者さんが集配達に来てくれ、翌日仕上がりや朝から深夜まで集荷に対応してくれる業者さんもいて保管サービスやシミ抜き、補修などのサービスが充実している業者さんもいます。

 

実際に宅配クリーニングの最安値の業者もクリーニングチェーン店の業者も値段はそこまで変わりません。

 

実際に料金を比較していきましょう。

 

ワイシャツをクリーニングする時の送料込みの料金で最安値はどこ?

送料込みでワイシャツが最安値になるのはどこの宅配クリーニング業者なのでしょうか?

 

まずはワイシャツ1枚をクリーニングする時に一番格安になる宅配クリーニング業者を比較してみました。

 

ワイシャツ1枚のクリーニング料金が最安値の宅配クリーニング業者は?

最安値の順位 宅配クリーニング業者 金額 送料無料の最低金額
1位 リネットのプレミアム会員 180円 1900円以上
2位 Basket 110円 3000円以上
3位 ネクシ―(ビジネス、メンバーズ) 150円 関東4000円以上
4位 ネクシ―(通常) 250円 関東4000円以上
5位 ホワイト急便 280円 5000円以上
6位 白洋舎(ドライ) 380円 一律1600円
7位 白洋舎(素材別、ローヤルコース) 600円 一律1600円
8位 ピュアクリーニングプレミアム(シリコンコース) 450円 12000円以上
9位 ピュアクリーニングプレミアム(オゾンコース) 380円 12000円以上
10位 ピュアクリーニング(メンテナンスコース) 1200円 12000円以上

となっています。

 

また宅配クリーニングの場合、3点セット、5点セットでいくらなどのパック料金もあります。

 

ではパック料金を使った場合の最安値のパック料金はいくらなのでしょうか?

 

パック料金のクリーニング料金が最安値の宅配クリーニング業者は?

最安値の順位 宅配クリーニング業者 ワイシャツ1あたりの料金
1位 せんたく便(10パック) 509円
2位 せんたく便(10パックDX) 609円
3位 せんたく便(5パック) 718円
4位 せんたく便(5パックDX) 918円
5位 リナビス(初回5点) 1400円
6位 リナビス(10点) 980円
7位 リナビス(20点) 800円

となります。

 

パック料金の場合は1枚当たりの単価が高額(最低500円~)となるのでワイシャツのクリーニングだけではなく、スーツやコート、マフラーなどのクリーニングと一緒に出すようにしましょう。

 

では実際にクリーニングチェーン店の宅配クリーニングの料金を比較してみましょう。

 

クリーニングチェーン店のワイシャツクリーニングの料金を比較

クリーニング料金は大手のクリーニングチェーン店でもその地域や場所によってクリーニング料金が若干異なってきます。

 

なので心配な方はしっかりとその店舗の料金を確認してからクリーニングに出しましょう。

 

クリーニングチェーン店のワイシャツクリーニング料金の相場を見ていきましょう。

ハンガー仕上げ タタミ仕上げ
ポニークリーニング 238円 540円
白洋舎 378円
フランス屋 248円 313円
ホワイト急便 90円~173円 160円~238円

となっています。

 

高品質とスピードを優先するなら白洋舎

白洋舎は東京都内だけで約250店舗あり、大手クリーニングチェーン店です。

 

また白洋舎の特徴はワイシャツのクリーニングが300円~と若干高めなのですが集配サービスも行っているので時間がないビジネスマンにもお勧めです。

 

また白洋舎は次のシーズンまで衣類を保管してくれる保管サービスもついています。

 

安さで選ぶならホワイト急便

ホワイト急便も東京都内だけで約250店舗以上ある有名なクリーニングチェーン店です。

 

ワイシャツのクリーニング料金を90円~という格安な価格でクリーニングすることが出来ます。

 

ホワイト急便の特徴としては即日仕上げを行っている店舗もあるのですが店舗によって変わってくるので気になるのであれば問い合わせをすることをお勧めします。

 

ワイシャツの仕上がりが気になるのならポニークリーニング

スーツの仕上がりが気になるなら強力な洗剤力を使っているポニークリーニングがおすすめです。

 

ポニークリーニングは中々落ちない汗ジミや食べこぼしなど全部きれいに除去してくれます。

 

ただしタタミ仕上げは高品質なデラックスコースとなる為に500円~と一般的な料金相場よりも高くなるのが特徴です。

 

近畿地方で有名なフランス屋

フランス屋は近畿地方を中心に約300店舗を展開しているクリーニングチェーン店となっています。

 

ハンガー仕上げが114円、タタミ仕上げが168円とキャンペーン期間中は格安な料金設定となっているのでお得に利用することが出来ます。

 

確かに店舗型のクリーニングチェーン店は料金的にはお得になっています。

 

ですが宅配クリーニングも工夫次第で同等の金額まで下げることが出来ます。

 

忙しいサラリーマンほど「宅配クリーニング」を使うべき

自宅にいながら依頼、集荷、受取が可能な宅配クリーニングは共働きの家庭、一人暮らしや大家族、シニア世代、忙しいサラリーマンほど使うべきだと私は考えます。

 

その理由としてはこちらです。

 

・家事の時間が大幅に削減できる
・持ち運びの負担が少ない
・ネットだからスマホ1つで申し込める

・工夫次第でクリーニングチェーン店よりもお得・保管サービスで収納スペースが空く

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

家事の時間が大幅に削減できる

洗濯や乾燥、アイロン、収納とワイシャツ1枚でもキレイに収納するまでの工程が沢山あります。

 

一つの工程はすぐに終わったとしてもトータルするとかなりの所要時間になります。

 

ですが宅配クリーニングであれば洗濯、乾燥、アイロン、保管の全ての工程をプロにお任せすることが出来るので大幅な時間の節約となるのです。

 

持ち運びの負担が少ない

複数の衣類を持ち運ぶのはとても労力となります。

 

それをしたことによってぎっくり腰になってしまったり、思わぬケガにつながる可能性もあります。

 

なので自宅で集荷や受取が可能な宅配クリーニングに依頼をして労力を最小限にクリーニングにした方が余分な事を考えずに済みます。

 

宅配クリーニングなら衣類をクリーニング店に持ち運ぶ必要がないので時短にもなります。

 

ネットだからスマホ1つで申し込める

店舗型クリーニングの場合は営業終了は19時~20時です。

 

どんなに遅くても21時には閉まってしまい、遅く帰宅した場合、クリーニングに出すことが出来ません。

 

ですが宅配クリーニングならば24時間申し込みが可能となります。

 

またスマホでの申し込みなのでランチをしながら、電車で帰宅している時に、気軽に簡単にクリーニングにワイシャツを出すことが出来るのもおすすめです。

 

工夫次第でクリーニングチェーン店よりもお得

宅配クリーニングは「店舗型に比べて高い」というイメージを持っている方もいるかもしれません。

 

工夫次第でクリーニングチェーン店よりもお得

確かに配送料が少し割高になるケースもあります。

 

ですがパック料金にすることによってコストを抑えることが出来たり、会員登録で配送料を無料にすることも可能です。

 

またクーポン制度もあるので上手に利用すればするほどお得にクリーニング代金を節約することができます。

 

保管サービスで収納スペースが空く

宅配クリーニングはほとんどの会社が衣類を専門の倉庫で預かり管理する「保管サービス」を行っています。

 

保管期間は最低6ヶ月から中には、8か月、9ヶ月と無料で預けることが出来ます。

 

衣更えの季節に冬用、夏用をそれぞれ保管サービスに預けることによって収納スペースを活用することが出来ます。

 

ワイシャツのクリーニング日数や頻度はどのくらい

ではワイシャツをクリーニングに出した時に返ってくる日数や頻度はどのくらいなのでしょうか?

 

ワイシャツは下着の上に着る方や素肌に直接切る方も様々です。

 

またタバコを吸われる方、お酒を飲まれる方にとって気になるのがワイシャツの臭いでしょう。

 

わきの汗の臭い、タバコやお酒の臭いがしていると臭いが気になり、仕事に集中なんてできませんよね。

 

ではワイシャツをクリーニングする時の頻度はどのくらいなのでしょうか?

 

ワイシャツをクリーニングに出す時の頻度は?

ワイシャツをクリーニングに出す時の頻度で理想的なのは「1週間に1回~1シーズンに1回」というのが理想でしょう。

 

なのでワイシャツは1週間に同じものを着ないように最低でも5枚以上を持っているのが理想です。

 

またワイシャツは着た時に付着する汗や脂汚れは3~4日経ってしまうと落ちにくくなってしまいますので注意しましょう。

 

ワイシャツをクリーニングに出した時にかかる日数は?

ではワイシャツをクリーニングに出した時にかかる日数はどのくらいなのでしょうか?

 

ワイシャツをクリーニングに出した時にかかる日数は店舗型のクリーニングチェーン店の場合は2~3日、宅配クリーニングサービスを使うと2~4日かかります。

 

特に宅配クリーニングの場合は通常のクリーニングよりも持ち込む手間がかからない分、仕上がるまでに時間がかかります。

 

ですがリネットの即日仕上げを利用すると店舗型と同じスピードで仕上げることが出来ます。

 

ワイシャツをクリーニングに出す時の注意点

ではワイシャツをクリーニングに出す時の注意点とは何なのでしょうか?

 

・カラーキーパーを外す

・汚れている箇所を確認して伝える

・ボタンが外れていないか確認する

・破れやほつれがないかを確認する

カラーキーパーを外す

ワイシャツには襟の浦和がに形を維持するためのカラーキーパーというプラスチックの板がついています。

 

クリーニングに出す時には紛失の原因となってしまうので外しておきましょう。

 

カラーキーパーがなくなってしまうとワイシャツの形を維持することが出来なくなり、ヨレヨレのワイシャツになってしまいます。

 

汚れている箇所を確認して伝える

ワイシャツで汚れやすい首周りや袖口などは汚れがどのくらいついているのか確認しましょう。

 

一般的な汚れは簡単に汚れは落ちますが、すこし汚れが濃いとウェットクリーニングをしなければいけません。

 

また水洗いでは落ちにくい汚れはシミ抜きも必要になるかもしれません。

 

そして、もし返ってきたときに汚れが取れていなければ再仕上げを依頼するようにしましょう。

 

ボタンが外れていないか確認する

ワイシャツのボタンが取れかかっていないかもチェックしておきましょう。

 

一般的にクリーニング店ではワイシャツのボタンの紛失や破損までは保証してくれません。

 

ボタンの取れかかった状態のままクリーニングに出してしまうとボタンが取れてしまい、紛失してしまう可能性もあります。

 

破れやほつれがないかを確認する

縫い目やほつれた箇所はしっかりと確認して補習してもらうか自分で修理してからクリーニングに出すようにしましょう。

 

そのままクリーニングに出してしまうと作業工程で悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

ワイシャツがクリーニングから返ってきた後の保管方法

ではワイシャツがクリーニングから返ってきたときにチェックするポイントはどこなのでしょうか?

 

・ビニール袋から外す

・襟の袖の汚れは落ちているか確認する

・再仕上はいつまでか確認する

・外したキーパーを装着する

 

ビニール袋から外す

仕上がって帰ってきたワイシャツを早めにビニール袋から外しましょう。

 

ずっとビニール袋のまま保管していると濡れや臭いがついてしまい、華美になってしまう可能性もあります。

 

なのでそれらを防止するためにまずはビニール袋から外しましょう。

 

襟の袖の汚れは落ちているか確認する

パッと見た感じで襟の汚れや黄ばみ、袖口の汚れなどしっかりと落ちているか確認しましょう。

 

ここが一番スーツで仕事をしている方にとって目立つ汚れであり、特に営業マンの場合は第一印象を落としてしまう可能性のある所です。

 

なのでクリーニングから返ってきたワイシャツは全体的に必ず確認して保管するようにしましょう。

 

再仕上はいつまでか確認する

もし仕上がりに満足していない場合は再仕上げをお願いするようにしましょう。

 

これはクリーニングサービスによって異なってきますが一度連絡して状態を説明して聞いてみることがお勧めです。

 

外したキーパーを装着する

最後に仕上がったワイシャツは型崩れ防止のために本来使っていたカラーキーパーを装着しましょう。

 

また襟周りは汚れやすいので先に装着することによって汚れ防止やシワ、型崩れの防止になります。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめ
ワイシャツのクリーニングは工夫すればチェーン店と同じ価格で宅配クリーニングが出来る
忙しいサラリーマン、共働きの家庭程宅配クリーニングを活用して時短を意識する
汗の臭いやタバコのニオイが気になる方は頻繁にクリーニングするか余分にワイシャツを購入するのがおすすめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はワイシャツのクリーニング料金の相場や頻度、クリーニング日数について解説してきました。

 

一工夫することによって宅配クリーニングを使えば圧倒的な時短になり、収納スペースも空けられるので手間や労力をかけるならばぜひ宅配クリーニングを活用する事をおすすめします。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。