コスト削減!ワンピースのクリーニングの料金を比較!相場や安いのはどこ?お手入れポイントや保管方法も紹介!

「ワンピースが汚れてしまったり、シミがついてしまい、いざクリーニングに出したらすごく高くてびっくりした?」ってことないですか?

 

私の奥さんがワンピースのクリーニングに出した時に店員さんと値段で争っていた時に「女性って大変だな~」と思ったのと「どうしてワンピースは値段がこんなにも違うのか?」という疑問が浮かびました。

 

実際にSNSを見てもそういったトラブルが良くあるようです。

 

なので今回はワンピースの料金相場や安い宅配クリーニング業者、お手入れポイントや保管方法について紹介していきます。

 

こんな悩みの方におすすめ

・ワンピースのクリーニング料金をもっと安くしたい!

・汚れをしっかりと取ってくれるクリーニング業者を知りたい!

・クリーニング代金を抑長持ちさせるお手入れポイントや保管方法を知りたい

 

 

なのでもし

「これからクリーニングしてピカピカにしたい!」

という方は是非参考にしてみてください。

 

素材によってワンピースのクリーニング料金相場が変動する

あなたは

「ワンピースをクリーニングに出したら書いてあった金額と全く違った!」

というトラブルに巻き込まれたことはないですか?

 

実はこれ、ワンピースのデザインや種類、着丈によって全くクリーニング代金が変わってくるからです。

 

ワンピースをクリーニングに出すと料金は1200円前後が標準です。(850円~1600円)

 

ただしこれはあくまでも一般の素材や普通の着丈、装飾のないシンプルなワンピースの場合になります。

 

ワンピースをクリーニングに出す時に注意しなければいけないのは素材や着丈、デザインによって大きく金額が変動します。

 

素材が上質なワンピースのクリーニング料金はいくら?

例えばカシミア、アンゴラ、モヘア、シルク、ベロアなど上質素材のワンピースの場合、標準料金に+480円かかってきます。

 

また襟などの一部にファーが使われてれば+760円ほどかかります。

 

なので「1200円だから安いわね~!」とクリーニング店に行くと2000円を超えてしまうことがざらにあるんですね。

 

また襟ではなく、両袖口にファーがついていると+4000円となってしまいます。

 

上質素材のワインピースの場合、ローヤルやハイクラスといった特別なクリーニングの場合も多く、結局標準の2倍近い料金になるということもあります。

 

着丈やデザインでもクリーニング料金が異なる

またクリーニング店の中には標準が1400円なのも関わらず、ロング丈2000円を超えるという所もありました。

 

またフリルのあるデザインのワンピースやプリーツスカートデザインだと300円前後の追加料金がかかるところが多いです。

 

また中にはプリーツの数11本以上だと別料金といったように細かい規定を定めているクリーニング店もあるので事前にチェックしておきましょう。

 

ワンピース型の礼服のクリーニングは礼服料金になる

またワンピース型の礼服の場合、礼服料金が適用されてしまい、普通のワンピース両機にょりもクリーニング代金が2~3割高くなることもあります。

 

なぜなら礼服の場合はテカリが出やすいのと手間がかかるためです。

 

・深い黒色なのでアイロンをするとテカリが出やすく、機械をプレスせずにハンドアイロンで形を整えるため

・着る頻度が低いので、抗菌防臭加工を施したり、防虫袋をつけるため

クリーニングによってこのように大きくワンピースでも価格が変動するので注意が必要です。

 

おしゃれワンピースはパーティドレスのクリーニング料金になる可能性もあるので注意

またおしゃれワンピースもパーティードレスのクリーニング料金になる可能性があるので注意が必要で鵜。

 

例えばワンピース料金で洗濯してもらおうとくりーにぐに出したら、パーティードレスだと判断してクリーニング代に高額料金を出されたこともありました。

 

素材やデザイン、ビジューやレース、プリーツの有無などの判断の基準によってお店はそれぞれです。

 

通常のワンピースの倍近くのクリーニング料金となることもあるので注意しましょう。

 

ワンピースをクリーニングに出す頻度や日数はどのくらい?

では実際にワンピースをクリーニングに出した時の日数や頻度はどのくらいがベストなのでしょうか?

 

ワンピースをクリーニングに出す頻度

基本的にワンピースの場合はどのくらいの頻度でクリーニングに出しているのでしょうか?

 

調べてみるとこのような結果になりました。

 

・2~3回着たらクリーニング:50%

・1回着るごとにクリーニング:20%

・4~5階回は頑張る:20%

・6~10回でも兵器:20%

となっています。

 

ワンピースを着る頻度にも関係してきますが、基本的には「着た後はクリーニングに出す」というのが基本です。

 

ですが多く来ている方や1週間後もまた着なければいけないという方はもう少し頻度を下げても大丈夫です。

 

ただしクリーニングに出すのではなくてお手入れをして保管しておきましょう。

 

ただし素材が麻やシルクなど天然素材の場合は水に弱いので自宅の洗濯機で洗った場合、縮んでしまうリスクなどが考えられます。

 

そうした場合はお金がかかってもプロに任せるのがおすすめです。

 

冠婚葬祭用も積極的にクリーニングする

では冠婚葬祭用のワンピースはどのくらいの頻度でクリーニングに出せば良いのでしょうか?

 

冠婚葬祭用のワンピ―スも汚れに関係なく、1度着たら必ずクリーニングに出すようにしましょう。

 

・礼服にお線香の臭いを吸収してしまい、臭いが取りづらくなるから

・家での洗濯が困難

・汚れがついたまま長期保管するとカビになる可能性があるから

こういった理由で冠婚葬祭用のワンピースもしっかりとクリーニングに出すことをお勧めします。

 

ではワンピースをクリーニングに出す時の注意点とは何なのでしょうか?

 

ワンピースをクリーニングに出す時の注意点

ワンピースをクリーニングに出す時の注意点はこのようになります。

 

ワンピースをクリーニングに出す時の注意点

・素材の確認をする

・装飾品の有無を確認する

・汚れの確認をする

 

というのがあります。

 

では早速1つずつ見ていきましょう。

 

素材の確認をする

先ほど話したようにワンピースの場合は素材によって大きく料金が異なってきます。

 

基本的な素材ならほとんど料金が同じなのですがシルクなどの高級素材のものや、パーティー用、冠婚葬祭用などは別枠の料金設定になっています。

 

なのでどんな素材なのか確認してクリーニング店にどのくらいの料金になるのか聞いてみましょう。

 

装飾品の有無を確認する

装飾品の場合、リボンやベルト、飾りボタンやコサージュなど外せるものはすべて外してからクリーニングに出しましょう。

 

外せる部品なのにつけたままクリーニングに出してしまうと追加料金を請求される可能性があり、トラブルの元です。

 

なのでビーズやスパンコール、レースなどついていて外せるものは外してからクリーニングに出しましょう。

 

汚れの確認をする

どこにどんな汚れがついていてしっかり確認しないと汚れが落ちていないという不満が残ってしまいます。

 

また汗じみや泥はねなどの水溶性の汚れはドライクリーニングにではなくてウェットクリーニングしなければ汚れや臭いは取れません。

 

他にも逆にファンデーションなどの汚れはドライクリーニングでないと落ちません。

 

なのでどこにどんな汚れがついているのかしっかりと申告をしてからクリーニングに出すようにしましょう。

 

ワンピースをクリーニングに出した後の保管方法

ではワンピースをクリーニングに出した後の保管方法はどうすればよいのでしょうか?

 

ワンピースをクリーニングに出した後の保管方法
・ビニールカバーを外す・型崩れがないように適切なハンガーをかける・陰干しをする

・防虫やカビ対策を行う

などがあります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

ビニールカバーを外す

まずは自宅にクリーニングされたワンピースが戻ってきたらビニールカバーを外しましょう。

 

クリーニングしてホコリ除けのビニールがかけてあるので完璧に乾燥していないことがあります。

 

湿気が残っていると嫌なにおいがついたり、カビが生えたりします。

 

なので湿気を取るために空気にあててしっかりと乾燥させましょう。

 

型崩れがないように適切なハンガーをかける

次にすることが型崩れをしないように適切なハンガーに掛けることです。

 

自宅でワンピースを保管する場合は肩幅に合った厚みのあるハンガーに掛けてつるしておくと型崩れやしわが出来にくくなります。

 

陰干しをする

そしていきなりクローゼットにしまうのではなく、まずは陰干しをして乾燥させましょう。

 

湿気があったままクローゼットに閉まってしまうと臭いやカビの原因となってしまいます。

 

なので日数をおいて陰干しをしてからクローゼットにしまうようにしましょう。

 

防虫やカビ対策をする

衣類の保管には防虫やカビ対策が必要となります。

 

その際に防虫剤を使えば虫喰いのリスクを最小限に抑えることが出来ます。

 

また除湿剤や乾燥材を使用するとさらにカビや臭いの予防にもあります。

 

なのでカビや臭いがつかないようにしっかりと対策を取りましょう。

 

まとめ

今回の記事のまとめ
・ワンピースのクリーニングはデザインや着丈によって料金が変動する
・ワンピース型の礼服は礼服料金になるので注意が必要
・取り外し可能なファーなどの付属品は取り外してからクリーニングに出す

いかがでしたでしょうか?

 

多くの方がワンピースをクリーニングに出した時に料金が違ってトラブルになってしまいます。

 

ワンピースはデザインや素材、着丈が本当に様々でクリーニングに出す時にはワンピースはどんな素材でできているのかしっかりとチェックしてからクリーニングに出すようにするとそのようなトラブルも減るのでぜひ実践してみてください。

Please rate this

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。